志望動機 例

MENU

志望動機作成のポイント

志望動機の重要性と難しさは、今まで何度か説明してきたので今更多くは語りません。定番の志望動機もありますが、それでは個性も感じられないし「なぜその会社でなければいけないのか?」ということがわかってもらえません。

 

自分にとっては転職のための練習と考えている求人かもしれませんが、相手に失礼であるし、そういった会社の一次審査で落ちているようでは、いざ自分が本当に行きたいと思った求人と出会えたとしても、準備不足で落ちるのが関の山です。

 

志望動機のタイプ別作成法

ここでは、志望動機を作成するポイントを「タイプ別」に紹介します。自分が作成するときにどのタイプが合いそうか、考えながら作成してください。ただ、具体例に関しては載せません。面倒くさくなって、そのまま書籍やどこかで見たような例文を活用して、マニュアルちっくな志望動機ができてしまっては意味がありません。

 

書類と面接で伝える志望動機は当然同じである必要がありますが、自分でしっかり掘り下げていない志望動機というものは、面談などで聞かれたときに、概して説明も中途半端になることがほとんどです。

 

だから、自分でしっかりと考え抜いて出した答えでないと、最も高い壁である面接の時に足を引っ張ることになりかねません。なので、あくまで参考として自分で考えるようにしてください。

 

志望動機のいい例

 

【1】業務適性を推す

この方法は、求人の内容が前職の「業界」とは一致していないが、「職種」が近い場合に使う方法になります。

 

「職種」の部分の共通点を説明しながら、それが今後どう活かせるかを書くところまでは、比較的容易でしょう。問題は、「なぜその業界なのか?」というところを、どう説明するか。

 

この部分は「自分が興味がある」という方向でもいいし、業界の「将来性」を説明するのもいいでしょう。あくまで推すべきは自分のスキルとの一致性であって、プラスαとして「業界への興味・関心」を記載するイメージです。

 

【2】志望企業への共感を推す

これはかなり難易度が高い志望動機の記載方法になるが、志望先への関心が高く、いろいろな事前知識が高い際に使う方法です。

 

志望会社の企業理念や営業・開発に関する指針などはもちろん、扱っている製品やサービスの内容が、自分のどういった考えと一致するかを推す方法になります。正直に言ってこの志望動機は単体では難しいので、他の志望動機タイプの最後に添えるなどの方が効果が高くなります。

 

当然その会社に対する事前調査が重要となるので、ここで自分が魅力と感じた部分をしっかりと説明できると、その会社である理由もわかりやすくポイントは高くなります。

 

【3】求人とのマッチングを直接的に推す

その求人のどういった部分が自分のキャリアと一致しているかを直接的に推す方法。つまり前職の業界・業種がそのまま求人にマッチしていることを推すという手法です。

 

この志望動機の場合は、全体としてはどういった点がマッチしているかを推せばいいので比較的考えやすいですが、「どういった点が前職と違うので興味があるのか?」という一文を添える必要があります。

 

単純なマッチング推しだけでは「わざわざ転職する必要ないじゃん」と思われてしまうからです。最後に、その会社のどういった部分が前職より優れていそうかを記載するようにしましょう。

 

【4】自分の「経験内容」を推す

こちらは「マッチング」とまでは行かないまでも、自分の「業界」や「職種」の経験がどう活かせるかを推す方法となります。

 

こちらの場合は職務経歴書に記載している経験とかぶることが多くなるため、特に志望先ですぐに役立ちそうな経験に絞って記載するように心がけましょう。

 

【5】未経験職種への志望動機

未経験職種への転職を考えている場合には、マッチングなどを推すのは困難です。そのため、いかに「未経験業種を受けるための準備をしてきたか?」を記載する必要があります。

 

自分のキャリアの中でどういった部分が活かせると伝えるのは当然として、その業界・職種に携わるための資格を取得したり、セミナーやスクールなどで勉強をしたといった「準備したこと」を一緒に添えるといいでしょう。

 

自分の経験と強引にマッチングを取るだけでは、同業種の経験者の方が経験が豊富と判断されるのは確かなので、プラスαの努力ポイントをしっかりと説明するのが重要です。

 

定番すぎる志望動機例

ここでは、多くの人が書きがちな「定番だが印象が悪い志望動機例」を紹介していきます。人事担当も見飽きているような志望動機なので、記載する際には注意が必要となります。

 

志望動機の悪い例

 

【1】御社には以前から興味があった

その会社が好きだというアピールをしたところで「はい、そうですか」となるのは目に見えています。

 

そうではなくて、以前からその会社に興味があった理由をしっかりと述べつつ、「自分の何が活かせると思ったから応募したのか?」ということを伝えなければ意味がありません。

 

さらに、「入った後にどう行った活躍ができるのか?」というところまで書き添えられればいいでしょう。

 

【2】御社でスキルアップしたい

これも何度も言っていますが、あなたは30代で転職を行なっています。これから会社の管理職クラスとしての活躍を期待されているのに、今更「学びたい!スキルアップしたい!」ということを書くのは筋違いです。

 

自分の経験を生かしつつ、将来的に求められるさらに高いスキル(運営、経営のスキル)を習得し、さらに活躍したいというのならまだ意味はあるでしょう。

 

【3】社風が自分に合うと感じた

企業調査をしたり、その会社の知り合いなどに話を聞いた結果「自分に合いそう」と思った結果から書いてしまいがちの志望動機ではありますが、"雰囲気"という掴み所のないものを志望理由とするのは好ましくありません。

 

【4】事業内容に興味がある

この理由を書く人は実に多いでしょう。企業のこともしっかりと調べたが故に、その事業性に興味があり、かつ自分が調べていることもアピールできるように見えます。ただ、事業を知っているということは、その会社を受ける上では当たり前のことであり、特に人事担当などの心には響きません。

 

せめて、どういった理由でその事業性に関心を持ったかや、その中で自分が果たせそうな役割を伝えるようにしましょう。逆質問の際に、商品やサービスなどの質問をするなど、ポイントで使っていきましょう。

 

【5】福利厚生が魅力的など副次的な項目

これを書く人はまずいないと思ういますが、一応記載しておきます。たとえ、自分が今の会社を辞める理由が「給料」「福利厚生」「残業時間」などというものであったとしても、次の会社への志望動機として、それらの問題を改善できそうだからとは書いてはいけません。

 

「こいつは30代にもなって何したいんだ?」と呆れ果てられるのは目に見えています。たとえ本音ではそうであったとしても、なんでもかんでも正直に書く必要はありません。まずいないと思いますが、絶対にやめておくべき「志望動機」です。

 

志望動機にも「マッチング」が必要

志望動機として記載するには微妙な項目を5つだけ述べてきました。当然これ以外にも悪い例はありますが、志望動機を記載する上で最も重要なのは「あなたの経験がその会社でどう活かせそうか?」という"マッチング"の部分です。

 

ここがズレていると、当然転職の成功率は大きく下がります。

 

相手側も中途採用として求めてくるくらいなので、「誰かの穴を埋める」「新しい何かにトライする」といったような目標を持っています。そんな中で欲しい人材とズレがあるようなら、当然、書類の通過率は下がります。

 

未経験職種などは、こういった理由からもなかなか書類審査すらも通過できないため、多くの応募をすることになるかもしれません。ここで挙げたような安易な志望動機は書かないようにしましょう。

 

「時間の無駄」になるだけですので。

このページの先頭へ