面接 礼状

MENU

面接のお礼はすべき!「礼状」の発行

転職を志望する企業との採用面接が終わった後には、やっておいたほうがいい事があります。それが、「面接の礼状」の送付です。

 

面接後に採用可否の検討をする際には、当然「面接の応答内容」や「書類」がベースとなります。ただ、面接だけでは与える印象が薄いなどということもあり「あれ?この人はどんな人だったっけ?」なんていう悲しいことも往々にして起こります。

 

そこで、面接後に印象度を上げる方法が「面接礼状の送付」です。

 

面接の後の追加の印象づけには有利だが…

礼状を送ることによって、面接では言えなかった会社へのイメージなどはもちろん、うまく自己PRできなかったポイントなどを、追加で伝えることもできます。変なことを書かない限りマイナスなことはないので、どうしても食らいつきたいならば礼状は送っておくべきです。

 

ただ、思いが強すぎるが故に、内容が過剰になってしまうことも少なくないので注意が必要です。また、当然ですが「あくまである程度合格のレベルに達している」状態でなければ効果はほぼありません。

 

面接での態度が悪かったり(こういう人はそもそも送付しませんが…)、ほとんどアピールできなかったなどの場合は、わざわざ送るようなことは控えましょう。次を見て行動すべきです。

 

面接の礼状に書くべき内容

面接の礼状には、以下ような流れで書くと良い。

 

【1】面接のお礼

貴重な時間を割いて面接を行なってくれたことへのお礼を述べる。

【2】「入社意欲」の再プッシュ

あまり書きすぎるのは良くないが、企業側の業務内容説明などを引用し、さらに自分が入りたい意識が高まったことを伝える。

【3】自分の"売り"の部分の再プッシュ

面接で言えなかったような"売り"の部分を添えて、再度自己PRの一文を添えておく。

【4】どのように会社に貢献できるか

入社した後に、自分のキャリアがどのように活かせるかを2行程度記載しよう。

【5】締めくくりの一文

最後にもう一度お礼を添える。「末筆ながら貴社のご繁栄をお祈り申し上げます。」といった文章が一般的だ。面接官を覚えていれば、その人の健康についても触れておくといいだろう

 

面接から戻ってきたら即日発送

当然だが、この礼状をせっかく書いても、ノコノコと1週間くらい後に送っても意味はない。即日発行が原則だ。

 

面接が終わった後、相手の面接官の記憶がしっかりしている時に、ササッと案を書いてしまい、家に帰ってから精査するようにしましょう。

 

人の記憶はよっぽどのインパクトがないとすぐに薄れていきます。有名なエビングハウス忘却曲線でも明らかです。

 

エビングハウスの忘却曲線

 

採用の面接官も同じで、あなたのことなどすぐに忘れてしまいます。そういった意識で早めの行動をすべきです。忘却曲線を見るとわかるように、1日後には74%忘れると言われており、早めにアクションした方がいいのは目に見えています。

 

「面接礼状」はあった方がいいが自分で出せるか?

面接の礼状は自分一人で転職活動を行う場合はしっかりと出した方がいいだろう。ただ、正直面倒くさくはないでしょうか?

 

また、あまりにも露骨な印象を与えてしまうと不安ではないでしょうか?

 

こういった礼状の部分に関しては、転職エージェントならば、あなたに変わって直接的に言葉で伝えてもらえるし、伝えきれなかったこともエージェントから人事担当に伝えてもらうといったフォローもしてもらえます。

 

自分がうまく面接の時に伝えられなかったことをフォローしてもらったり、転職に対する強い意志なども、うまく再アピールしてもらえます。転職の成功率を上げるためにも、こういった部分でのサポートも期待できる転職エージェントサービスを利用するようにしましょう。

このページの先頭へ