Topへ戻る

転職エージェント 求人 ない

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

転活の停滞を招く「求人がない問題」の解決法

 

転職活動を始めて、非公開求人を期待して転職エージェントに登録したものの、なかなか進展がないことがあります。

 

その理由の中でも特に多いのが「自分にあう求人が見つからない」というケースです。

 

いくら転職エージェントでも「望む求人がない」ことがある

転職エージェントによっては、求人がないという事態に陥る場合もあります。その際に、丁寧に「おすすめできる求人がありません」と連絡をくれる場合はいいですが、音沙汰がない場合もあります。相手も忙しいのでしょうがないとしても、自身の転職活動には少なからず支障をきたします。

 

「求人がない」という状態になるのには、大きく2つの理由があります。

 

【1】そもそも転職エージェントにつながりがない・もしくは薄い

転職エージェントが、1社であらゆる企業と深いつながりがあるとは限りません。

 

限られたエージェント数で、すべての企業をフォローするのは不可能です。大手の転職エージェントならばフォロー数は多くはなりますが、それでも限界があります。

 

そのような側面もあり、転職エージェントはそれぞれで特につながりを強く持つ企業がある程度限られています。(リクナビやDODAといった超大型は別ですが…)

 

つまり、転職エージェントの会社はもちろん、そのエージェントによっても企業に対するつながりに差があり転職活動における影響力にも差があるというわけです。

 

だからこそエージェントは複数活用する

したがって、転職エージェントを活用する際には1社に固執せず、自分の志望ジャンルに近いサービスに複数登録した方が賢いです。

 

体験談でも示したように、転職活動中に「採用試験がない」「応募したい企業がない」などの空白時間ができるのは得策ではありません。

 

なぜなら、活動が停滞してしまうと「活動の感覚が鈍る」「転職活動の意欲がなくなる」といったマイナス面が大きいからです。

 

ですので複数のサービスを活用することで、自分が志望したい企業と出会い、転職を成功させる可能性を最大限まで拡げることができるのです。

 

【2】あなたの志望内容がキャリアに見合っていない

最もあり得るのがこのケースです。この点に関しては、素直に自分が原因であることを認めたほうが活動の停滞を招くという事態を回避することができます。

 

この「キャリアと希望のアンマッチ」には、さらに大きく2つの理由があります。

 

<1>転職先に求める要求が高すぎる

転職先があなたの能力に対してかけ離れている時には、転職エージェントとしても紹介のしようがありません。

 

要求給与が高すぎる
残業は絶対嫌だ
休日出勤などありえない
一部上場じゃないと意味がない

 

など、あなたが求める要求が高く、かつ譲れないものばかりであれば、案件数は反比例して少なくなっていきます。自分の中で妥協できる範囲というものも、事前に転職エージェントに伝えるようにしましょう。

 

<2>経験していないキャリアに関係する求人である

もしも、あなた自身の転職希望先が未経験職種や異業種であるならば、そもそも30代を超えた状態ではハードルが高い可能性があります。

 

企業が求めるのは「即戦力」であるケースがほとんどであり、30代を超えている人に、一から全てを教えるようなことは基本的には考えていません。それならば、20代などの若い人材を育てたほうが効率がいいからです。この現実はしっかりと受け止めておきましょう。

 

私自身、トータルで10社ほど未経験業種に応募しましたが、書類通過したのは、興味本位で取っていた「証券外務員」の資格とマッチングしていた先物商品を取り扱う中小企業のみでした。これも、ある程度の「関係性」があったからこそ通過したのであって、基本的には全く知識がない職業への転職の場合は難易度がグッと上がります。

 

どうしても未経験業種に行きたいなら?

それでも「未経験職種」や「異業種」に転職をしたい場合は、「総合系」の転職エージェントの数を増やすか、「転職サイト」の活用も視野に入れてみましょう。30代を超える人で未経験職種を希望してくる人は「1割に満たない」という話も聞いたことがありますが、曲げられない強い気持ちがあるならばトライしましょう。

 

とにかく諦めずにサービス登録を続ける

たとえ「おすすめできる求人がない」と言われた場合でも、その会社だからという可能性も少なからずあります。いちいち落ち込まずに、他のエージェントで可能性を探すなど常に前進することを意識しましょう。

 

その際には、少しでも自分の経験とマッチしたエージェント会社を活用するというのもいい方法です。

 

転職活動を決意したなら、活動スピードというのは非常に需要なファクターです。立ち止まる時間が長くならないように行動しましょう。

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加