30代転職 必要

MENU

30代が転職時に求めれられる能力

30代での転職活動において注意して欲しいのは、「20代とは違う」という点を意識することです。

 

20代での転職では以下のようなことを特に求められます。

 

どのような仕事を行ってきたか?
その中でどのような具体的な成果を挙げてきたか?
仕事を通してどのようなキャリアを形成し、今後伸ばしていきたいのか?

 

しかし、30代の場合は仕事で結果を出しているのは当然であり、

 

その業界にいかに精通しているか?
人を扱う力がどれほど備わっているか?

 

ということも確認されることになります。

 

では、実際に30代が面接時に確認されるスキルとはどのようなものなのでしょうか?

 

【1】安定的な結果を残す能力

30代の転職において求められる「即戦力」とは、単純に与えられた仕事を「すぐにこなせる」ことだけではありません。与えられた業務を「安定的に結果を出す」という、安心できる"達成力"を求められることになります。

 

ある程度のレベルの仕事ならば、20代であってもそつなくしっかりと仕事をこなす人が既に会社にはいます。このことは忘れずに。

 

しかし、その結果を"安定的かつ継続的"にこなせるかという部分においては、失敗も含めたそれなりの期間の経験を積んでいる必要があります。なぜなら「経験」によって様々な不測の事態を事前にKY(危険予知)できるからです。

 

そのため、既存の20代などの若手社員をうまく誘導しながら、チームとして安定的な結果を出せるかどうかという点が求められるというわけです。この点は、転職後にさらにキャリアを重ねる中でも自然と見えてきます。

 

【2】チーム・組織運営などの「マネジメントスキル」

マネジメントスキルとは、例えば「プロジェクトマネジメント」の経験や、「チームリーダー」といったものが挙げられるでしょう。確かに必要なことではあるのですが、それ以外にも「後輩の育成力」というものも確認されることになります。

 

年次が進んでいき、業務の権限や責任が上がるにつれて、自分で直接的に仕事を行うことは困難になっていきますし、そんなことは求められません。自分が組織やチームの上に立つ時に、今まで行ってきたような仕事の継承が後進のメンバーにできているかどうかということも、マネジメントスキルの中では重要な位置づけとなっているのです。

 

自分がマネジメント業を行なっている状態でも、担当レベルで行なっていた仕事を、後輩がしっかりと進行できるようになっておく必要があるというわけです。

 

採用面接の際には、もちろん後輩を教育した経験を伝えるのもいいですがどういった指針で教育したか?といったところまで掘り下げて説明できるとさらにいいでしょう。

 

【3】将来を考え、課題に備える経営者目線の考え方

30代での転職希望者は、最終的には管理職としての能力を求められていくことになります。企業がわざわざ中途採用として新しい人員を補強するからには、それなりに戦力として期待していますし、人事担当にとっても、採用した人物に問題がある場合には社内での評価査定が下がる恐れがあります。

 

また、既存のメンバーというライバルが存在するわけなので、自分自身も既存メンバーを上回るほどの考えと意識が必要となってきます。

 

管理職クラスになると、既存の問題以外にも将来的に起こるであろう問題を先読みし、早い段階で対策を打つといった対応が必要とされます。こういった能力を培うためには、現職の段階で課長などの管理職の仕事を理解し、フォローを行う経験をしていくようにするといいでしょう。

 

30代前半ならば、後から確実に求められる能力ですし、30代後半であれば、既に備わっていなければ評価は下がりやすいです。

このページの先頭へ