転職 志望動機 例

30代転職失敗防止法

MENU

転職の志望動機を書く重要ポイント

30代転職の志望動機

 

志望動機の重要性と難しさは、今まで何度か説明してきたので今更多くは語りません。

 

定番の志望動機もありますが、自分で調べたり考えぬいた記載でなければ「なぜその会社でなければいけないのか?」が伝わりにくいものです。

 

ここでは、自分の言葉で応募書類を作成できるように「志望動機の書き方」について説明していきます。

【大前提】志望動機にも「マッチング」が必要

志望動機を記載する上で最も重要なのは「あなたの経験がその会社でどう活かせそうか?」というマッチングの部分です。

 

30代の転職は「キャリア採用」となります。20代までなら将来性を見越した「ポテンシャル採用」がメインですが、30代はそうはいきません。

 

ここがズレていると転職の成功率は大きく下がります。

 

企業側が「欲しい人材」の把握が重要

企業側も中途採用には以下の目標を持っています。

 

誰かの穴を埋める
新しい何かにトライする

 

そんな中で欲しい人材とズレがあるようなら書類の通過率は下がります。

 

とくに未経験職種への応募は書類審査の通過率も低く、多くの応募をすることになるかもしれません。ブラッシュアップして根気強くいきましょう。

 

おすすめの志望動機フォーマット

志望動機を書く際には、志望先企業でやりたいことではなく「今までの経験を生かしてどのように活躍できるか」を記載することが望ましいです。

 

前職で培った○という経験を生かして、

経験をPR

御社の△という事業において、

企業の調査力をPR

×として貢献していきたい。

将来の活躍をPR

 

どのように貢献できるかを説明するためには、求人票から求められる経験・スキルを読み解く必要があります。

 

ただ、これは個人では難しいこともあり、転職エージェントなどを活用して「求める人材像」の詳細な情報を得ておくと志望動機も作成しやすくなります。

 

志望動機作成時の3つの基本

ここでは、志望動機を作成するための3つのポイントを紹介します。基本的にはこれらは独立しているわけではなく組み合わせることが重要です。

 

ただ、具体例は掲載しません。書籍やどこかで見たような例文を活用してマニュアルっぽい志望動機ができてしまっては意味がありません。面接官にはバレますよ。

 

【1】求人票とスキル・経験とのマッチング

その求人のどこが自分のキャリアと一致しているかを直接的に推す方法で、必ず記載する必要があります。

 

この志望動機の場合は、全体としてマッチングポイントを推せばいいので比較的考えやすいです。その上で「どういった部分で貢献できるのか?」という一文を添えることを忘れずに。

 

【2】志望企業の事業方針への興味関心

中堅層の転職ともなると、「企業理念」などの漠然としたものよりも、応募する事業に関する興味関心を記載することが望ましいです。

 

事業モデル
注力事業の将来性
新規事業含めた最新の戦略方針に対する興味度

 

中堅層には、即戦力として「会社の将来を見据える人材」が欲しがられます。こういった点についても説明できるように準備しましょう。

 

【3】未経験職の場合は「準備したこと」も説明する

未経験職種への転職を考えている場合には、完全なマッチングを推すのは困難。そのため、いかに「未経験業種を受けるために準備をしてきたか?」を記載する必要があります。

 

自分のキャリアの中で活かせる部分を伝えるのは当然として、下記のような「準備したこと」を一緒に添えるといいでしょう。

 

その業界・職種に携わるための資格を取得した
セミナーやスクールなどで勉強をした

 

自分の経験と強引にマッチングを取るだけでは、同業種の経験豊富な志望者がいいと判断されます。プラスαの努力ポイントをしっかりと説明することが重要です。

ついつい書きがちな"ヤバい"志望動機例

ここでは、つい書いてしまいがちなマズイ志望動機例を紹介していきます。即落選はもとより、人事担当の受け止め方によっては不採用の可能性もあります。注意しましょう!

 

【1】スキルアップしたい

30代での転職は「キャリア採用」がメインです。

 

中堅として蓄積した経験や、会社の管理職クラスとしての活躍を期待されているのに「学びたい!スキルアップしたい!」ということを書くのは悪印象です。

 

自分の経験を生かしつつ、将来的に求められる次のレベルのスキル(運営、経営のスキル)を習得し、さらに活躍したいというのならまだ意味はあるでしょう。

 

ただ、ジョブホッパーという認識を持たれる可能性が高く、

 

すぐに会社を裏切る
長期就業が見込めない

 

などの見られ方をするので、言い方を間違えば印象悪いです。

 

【2】福利厚生が魅力的など副次的な項目

これは言うまでもなく、最大レベルに危険な志望動機です。

 

今の会社を辞める理由が「給料」「福利厚生」「残業時間」などであっても、次の会社への志望動機として、それらを改善できそうと書いてはいけません。

 

「えっ、こんなこと書くなんて正気ですか?」と呆れられることも…。たとえ本音であっても、なんでも正直に書く必要はないのです。絶対にやめておくべき「志望動機」です。

 

【3】WLBが良さそう

最近では企業の「働き方改革」も進んでおり、WLB(ワークライフバランス)については企業も改善を進めており、それを前面に押し出している企業もあります。

 

とはいえ「WLBが魅力」と直接的な表現は止めましょう。福利厚生と同じで受け止める側にとっては印象が悪くなります。

 

【4】勤務地が希望通り

これもサラリと記入してしまったり、面接でポロっと発言してしまうことがあるかもしれません。

 

勤務地が複数ある企業においては転勤の可能性もあるので、たとえ求人募集の勤務地が希望通りでも将来的な転勤がありえます。

 

また、拠点が求人票に記載されている場所のみであっても「勤務地が理由か!」と判断されかねないので注意が必要です。

 

応募書類は提出前に必ず添削を受ける

最後に重要なことですが、作成した応募書類は必ず添削を受けるようにしてください。

 

誤字脱字がないか?
文法や文脈に違和感はないか?
そもそも志望動機になっているか?

 

という点は必須です。普通に書類選考で落ちます。最低でも親類や信頼のおける友人(社内はNG)には見せておきましょう。

転職エージェントやハローワークを活用する

自分に近い人には簡単なチェックはしてもらえるかもしれませんが、やはり応募企業に響く内容かどうかは転職支援サービスで依頼した方がいいです。

 

ハローワークや転職エージェントを利用して転職活動をしている場合は必ずチェックしてもらいましょう。

 

応募書類で不採用になり続けると、転職活動は一切進みませんので恥ずかしがらずに相談をしてください。

 

応募書類の通過率を格段に上げる方法

応募書類において志望動機は重要な箇所でもあります。複数の応募者がいた時には判断基準の一つにもなりますので準備が必要です。

 

ただ、書類で伝えられることには限界があります。そこで、書類の通過率を上げる方法が、転職エージェントを利用するという方法です。

 

転職エージェントは応募書類の添削はもちろん提出も代行します。その際に、書類通過のための追加情報も採用人事に伝えてくれるのです。

 

  • 内定獲得!
  • 一緒に求人を探す・作る
  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    非公開求人数とサポート実績はトップクラス。「○社の求人ありますか?」「転職悩んでいます…」など気軽な相談も可能で、転職必須というわけではありません。また、メール主体の連絡も可能。

    リクルートエージェントとの関わり

    担当サポーターは、根気強く細かくケアしてくれました。転職が成功できたのはこの人のおかげです。企業からの情報収集や模擬面接はとくに助けになりました。また、ブラック企業は嫌だったので「こんな会社は嫌だ!」という要望を汲んでくれました。

     

  • SIEC(当サイト監修)

    SIEC

    SIECの特徴

    大手転職エージェントから独立開業した転職支援サービス会社。企業との距離が近く、支援経験も豊富です。また、営業力もありますので新規の求人開拓も相談可能です。

    SIECでの転職成功キャンペーン

    当サイトからSIECへの転職支援依頼を行なって転職された方には、「Amazonギフト券7,000円」分をプレゼントいたします。

     

書類に書いた志望動機は面接で確認される

応募書類と面接で伝える志望動機は、同じである必要があります。面接では応募書類を元に質問が用意されており、あなたの回答しだいでさらに深く掘り下げられます。

 

自分で練っていない志望動機は、面談で質問されたときに説明も中途半端になります。応募書類の志望動機を適当に記載していては、最も高い壁である面接の時に足を引っ張ることになりかねません。

 

基本の部分を参考にして自分で考えるようにしてください。

【注意】面接には応募書類のコピーを持っていく

面接では応募書類をベースとしたやり取りとなるので、確実にコピーを持参しましょう。面接への移動中などで見直すために携帯で撮影するのもいいでしょう。

 

とくに手書きの書類(履歴書など)は一点物ですので忘れずに! 親切すぎる会社の場合は履歴書のコピーもくれますが稀です。