Topへ戻る

履歴書作成 ポイント

30代転職失敗防止法

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

転職活動時の「履歴書」作成で抑えるべきポイント

履歴書の参考

 

30代での転職活動であっても「履歴書」はほぼ提出が求められます。「職務経歴書が重要」と伝えてはきましたが、この履歴書も侮ってはいけません

 

会社によっては特定のフォーマットを準備しており、それに記入するというような場合もありますが(エントリーシートのようなもの)、基本的には自分で準備する必要があります。

 

ここでは、履歴書作成に関するポイントを紹介していきます。

【1】履歴書の用紙選択が最も重要

履歴書といえば、定番の記載項目は「学歴」「趣味」「特技」などですが、30代の転職の場合には履歴書を中身や項目も見ずに使うのはやめましょう。

 

バイトや新入社員向けではなく、転職社用の履歴書を購入する必要があります。

 

職歴を漏れなく記載できるものを選ぶ

履歴書の職歴は漏れなく記載する必要があります。複数回の転職を行なっている場合に、例え数ヶ月で退職した会社であっても記載する必要があるのです。

 

本人は隠したかったり書くスペースが無かったからと思うかもしれませんが、採用する側は職歴を詐称されたと判断されてしまいます。当然ですが、判明すれば内定取り消しもあります。

 

転職を複数回経験している人は「職歴」の欄が多い履歴書を選びましょう。

 

【参考】労務 12-14/転職者用履歴書

履歴書の参考

 

フォーマットの購入はこちら

 

【余裕があれば】職歴に詳細を追記する

応募に際しては「履歴書」に加えて「職務経歴書」も出すため、中には履歴書の中の職務経歴欄を簡単に済ませてしまうこともあるでしょう。多くの人が「勤めていた会社名のみを書く」場合がほとんです。

 

ただ、書類を読む人事担当のことを考えるならば、履歴書にも簡単な業務内容を記載した方が良いでしょう。当然、枠内に収めなければいけないのでその点は注意しましょう。

普通の記入例
20△△年 ABC株式会社入社
20××年 ABC株式会社退社

 

推奨する記入例
20△△年 ABC株式会社入社 
     ○製品の開発業務を担当し、生産技術職を兼任した。最終的には、△のPM業に携わった。
20××年 ABC株式会社退社 一身上の都合により退社

学歴はどこまで書けばいいのか?

学歴は基本的に最終学歴がわかれば問題はありません。参考として紹介した履歴書「労務 12-14/転職者用履歴書」も「最終学歴」のみが記載されるようになっています。

 

面接の時には高校名が話題になることもあるので、特に知名度のある高校に通っている場合にはできれば記載した方がいいでしょう。

 

自分が埋めることができる履歴書を選ぶ

履歴書などの応募書類の場合は、記入欄に空白や空欄が多いのもマイナスポイントになる恐れがありますので、自分が埋められる範囲の書類を選ぶようにしましょう。

 

例えば、「趣味」や「自由記述欄」が大きいと埋めるために文章がダラダラと長くなりがちです。「資格」をそれほど取っていないのに、7個も8個も記入する欄があると空白が目立ってしまいます。

 

どうしても自分に合いそうな履歴書フォーマットが無い場合は、エクセルなどの表作成ソフトで作成するのもありです。今では、ネット上で履歴書をダウンロードできるところもあるので、参考としてみましょう。

 

【2】写真は軽い笑顔でプロに撮影してもらう

書類からは人の顔は見えませんが、唯一相手に見せることができるのが「証明写真」です。

 

履歴書には自分の写真を載せることになるりますが、その写真が「第一印象」になるということを忘れずに。面接の項目でも第一印象の重要さは伝えていますが、気を抜いてはいけないポイントのひとつです。

 

写真は当然「軽い笑顔」程度がよく、写っている顔が「暗い顔」「疲れ切った顔」では、人事の印象も悪いのは当然です。

 

考えてみて欲しいのですが、自分が人を雇う時に、会社に暗い雰囲気をばらまきそうな人間をわざわざ採用するでしょうか? そう考えてみると答えは明白です。

 

ケチらずにプロに証明写真を撮影してもらう

撮影自体も自動撮影機よりは、個人などのスタジオで撮影してもらったほうがベター。明らかに証明写真機で撮りましたというのは、画質も向上しているとはいえスタジオ撮影には劣ります。やる気が感じられない印象を与えかねません。

 

写真は書類を見る時に一番最初に見られるポイントなので、プロに撮影してもらいましょう。

 

【3】志望動機は「どこでもいい」ような印象を与えないように

志望動機は当然注目されるポイントであり、注意が必要です。ここであまり考えていないような「どこにでも使えそうな理由」を記載するのは望ましくありません。

 

「志望動機」に関しては『【事例つき】志望動機のポイント』で詳細を説明していますが、「その会社だからこその理由」というものを含めていく必要があります。したがって、企業の理念やサービス、事業形態などといった周辺調査は絶対必要な項目です。

 

特に、自分が受ける予定の部署については必ず情報収集を行って志望動機に絡めていきましょう。転職サポートを受けている場合には、履歴書作成の前に転職エージェントやハローワークの職員に具体的な業務内容を確認しておきましょう。

 

【4】自分の「売り」になる経験を記載する

書類ではあなた自身が話すことができるわけでは無いため、文字で「自分を売る」必要があります。

 

単純に「○○業務の経験あり」といった記載をするよりも、例えば「開発職」とした場合なら以下のように記載した方がいいでしょう。

 

  • どういった製品を開発したか?
  • どのような進め方で開発を行ったか?
  • それによってどのような成果を得られたか?

 

「職務経歴書」にも記載することなので、つらつらと全てを書く必要はありませんが、特に大きい成果ならば遠慮せずに記載するようにしましょう。

【5】「趣味」「特技」欄はあなたの人柄が出る

意外と採用担当(書類選考、面接担当含む)の目に止まるのが、「趣味」「特技」欄になります。これは、あなたが今まで私生活を含めてどのように過ごしてきたかはもちろん、人柄を表現できる場です。たまたま面接官と趣味が一緒で話が盛り上がるなんていうこともあります。

 

ここもあなたという人間を知ってもらうための重要な表現の場です。空欄にはせず、普段自分がやっていることや興味を持っていることなどを書くようにしましょう。

 

当然ですが「なし」というのはありえません。難しく考える必要はないので「読書(○系の本)」「音楽(邦楽)」「旅行(国内で沖縄には毎年行っています)」など、ちょっとした補足も入れたような記載をするようにしましょう。

 

まとめ

「履歴書」は手書きのケースが多く、どうしても作業的に書いてしまいがち。ただ、「職務経歴書」とは違った面の表現をできる項目もあります。

 

基本ではありますが、「丁寧に書く」「空欄はつくらない」といったことは最低限意識してください。直筆であるがゆえに、わたしも直接的に転職エージェントに履歴書を見せて添削してもらったことはありません。

 

ただ、ここに記載しているようなポイントはかなり意識して記載し、実際に面接の際にも「趣味・特技」「資格」のところで話が盛り上がったりもしました。採用には直接関係ないかもしれませんが、こういった話で盛り上がると緊張がほぐれます。

 

履歴書はあなたの棚卸しの役目もあります。手抜きはせずに取り組みましょう。


 このエントリーをはてなブックマークに追加