転職 求人がない

30代転職失敗防止法

MENU

転活の停滞を招く「求人がない問題」の解決法

求人がない

 

転職活動を始めて非公開求人を期待して転職エージェントに登録したものの、なかなか進展がないことがあります。

 

その理由の中でもとくに多いのが自分にあう求人が見つからないというケースです。

 

自分の希望と100%マッチする求人はほぼ無いので、理想を高くし過ぎるのがまずいこともありますが、それでも求人が見つからない場合もあるのです。

 

転職活動に本腰になっても「求人が無い」という事態に陥る理由と、対策法について紹介していきます。

転職エージェントでも「望む求人がない」ことがある

あなたが登録した転職エージェントによっては、紹介できる求人がない場合も少なからずあります。サービスに絶対は無いので、このリスクはまず受け止めてください。

 

求人が無いときに「おすすめできる求人がありません」と連絡をくれる転職サービスならいいのですが、音沙汰がない場合もあります。相手も忙しいのでしょうが、自身の転職活動には少なからず時間的な支障をきたします。

 

中途採用の求人がないという状態になるのには、大きく2つの理由があります。

【1】そもそも転職エージェントに企業とのつながりがない・もしくは薄い

転職エージェントが、その1社で全国のあらゆる業界の企業と深いつながりがあるとは限りません。

 

サービス会社内の限られたエージェントや営業の人数で、すべての企業をフォローするのは不可能なのです。大手の転職エージェントならば従業員も多くフォローの範囲も広いですが、それでも限界があります。

 

そのような側面もあり、転職エージェントはそれぞれで特につながりを強く持つ企業がある程度限られています。超大手である、以下のサービスであってもです。。

 

リクルート(リクルートエージェント)
パーソル(doda)
マイナビ(マイナビAget)

 

つまり、転職エージェントの会社自体はもちろん、そこに所属するエージェントによっても、求人元企業に対するつながりに広さや深さの差があり、転職活動における影響力にも差があるというわけです。

 

【2】転職志望先がキャリアに見合っていない

30代の転職活動において、最もありえるのがこのケースです。この問題に関しては、素直に自分が原因であることを認めたほうが活動の停滞を招く事態を回避することができます。

 

このキャリアと希望のアンマッチには、さらに大きく2つの理由があります。

 

理由1:転職先に求める要求が高すぎる

転職志望先が、あなたの経験や能力に対してかけ離れているレベルの企業ならば、転職エージェントとしても紹介のしようがありません。

 

要求給与が高すぎる
残業は絶対嫌だ
休日出勤などありえない
一部上場じゃないと意味がない

 

など、あなたが求める要求が高くて譲れないものばかりであれば、案件数は反比例して少なくなっていきます。自分の中で妥協できる範囲も事前に転職エージェントに伝えましょう。

 

理由2:自分が未経験の業界・業種の求人を求めている

あなたの転職希望先が未経験職種や異業種であるならば、そもそも30代を超えた状態ではハードルが高い可能性があります。

 

企業が求めるのは「即戦力」であるケースがほとんどであり、30代を超えている人に一から全てを教えることは基本的には考えていません。

 

それならば、10代や20代の若い未経験の人材を育てたほうが効率がいいからです。この現実はしっかりと受け止めましょう。

 

わたし自身、トータルで10社ほど未経験業種に応募しましたが、書類通過したのは興味本位で取っていた「証券外務員」の資格とマッチングした、先物商品を取り扱う中小企業のみでした。

 

これも「関係性」があったから通過したのであって、基本的には全く知識がない職業への転職の場合は難易度がグッと上がります。とくに、30代後半に差し掛かると未経験は一気に難度もリスクも上がります。

 

転職先の求人が無い事態を打開する2つの方法

応募できる求人すら無いという事態に陥る理由を説明してきましたが、これを打開する策は実は比較的簡単です。

【対策1】自分のキャリア設計を明確にする

まずやるべきことは、転職先に求めることを見直すことです。これは何も求めるレベルを下げろというわけではありません。

 

自分のキャリアや会社の環境と比べて、求めているものがかけ離れているならば、今より少し上の条件で妥協点がないか探ってみましょう。

 

これは自分一人でやるのは危険です。そもそも、世の中にどのような求人があるかわかっていないわけですので、この相談は転職エージェントとすべきです。

 

その相談の中で、自分が本当に求めることと妥協点が明確になってくる可能性もあります。

 

実際に利用した転職エージェントサービス

わたしの転職体験談で出てくる転職エージェントは以下の2社です。

転職エージェントの不安

  • 【R社】内定獲得!
  • 【D社】女性サポートも強い
  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴

    非公開求人数とサポート実績はトップクラス。「○社の求人ありますか?」「転職悩んでいます…」など気軽な相談も可能で、転職必須というわけではありません。また、メール主体の連絡も可能。

    リクルートエージェントとの関わり

    担当サポーターは、根気強く細かくケアしてくれました。転職が成功できたのはこの人のおかげです。企業からの情報収集(選考内容、不合格理由など)や、模擬面接はとくに助けになりました。

     

  • doda

    doda

    dodaの特徴

    言わずと知れた定番の大手求人サイト。求人広告数や掲載企業数も全国的にフォローしており文理ともに充実。女性のサポートにも定評があります。

    dodaとの関わり

    わたしの担当者は対応も早く、1ヶ月で2社の選考を加速させてくれました。面接前後のサポートフォローも丁寧。他のサービスで採用が決まったのに激励してくれたのは嬉しかったです。

     

 

どうしても未経験業界・業種が譲れない場合

それでも「未経験職種」や「異業種」に転職をしたい場合は、「総合系」の転職エージェントの数を増やすか、「転職サイト」の活用も視野に入れてみましょう。

 

30代を超える人で未経験職種を希望してくる人は「1割に満たない」という話も聞いたことがありますが、曲げられない強い気持ちがあるならばトライしましょう。

【対策2】転職支援サービスを複数活用する

転職サイトや転職エージェントなどの支援サービスを活用する場合には、1社に固執せずに複数サービスに登録した方が賢いです。

 

体験談でも示したように、転職活動中に「採用試験がない」「応募したい企業がない」などの空白時間ができるのは得策ではありません。

 

なぜなら、活動が停滞してしまうと「活動の感覚が鈍る」「転職活動の意欲がなくなる」といったマイナス面が大きいからです。

 

ですので複数のサービスを活用することで、自分が志望したい企業と出会い、転職を成功させる可能性を最大限まで拡げることができるのです。

 

とにかく諦めずにサービス登録を続ける

たとえキャリアアドバイザーに「おすすめできる求人がない」と言われても、その会社だからという可能性もあります。他のエージェントで可能性を探して、前進することを意識しましょう。

 

その際には、少しでも自分の経験とマッチしたエージェント会社を活用するというのもいい方法です。

 

転職活動を成功させるには、活動スピードは非常に需要なファクターです。立ち止まる時間が長くならないように行動しましょう。

 

まとめ

どんなに転職によって環境を変えようと思っても求人がないと進めようもありません。そんな中で気になる求人が見つかったとしても、内定を得られるとは限りません。

 

当サイトではわたしの経験もあって「転職エージェント」の利用をオススメしていますが、それは転職の成功率を少しでも上げるためです。

 

転職エージェントは面倒だと考えている人も多いですが、書類選考や面接対策などは転職活動に大いに役立ちます。

 

転職エージェントに勧められた企業に転職する必要もありませんので、転職ノウハウを学ぶために活用してみるのも一つの手です。