30代のフリーターが就職して悲惨な末路を防ぐためには?

フリーターの定義は「バイトなどで社会で仕事をしている人」を指します。ニートとの違いは「何らかの仕事をしている人」です。

30代で正社員や派遣職などの就労経験がない場合は、就職のハードルが必然的に高くなります。ここでは30代でフリーター状態の人が正社員就職をするための方法について紹介します。




30代フリーターが就職するには「フリーターでいた理由」が大事

30代でフリーターであることは、ほとんどの企業にとってプラスの印象はありません。したがって、就職を目指す場合は「30代でフリーター」である明確な理由が必要となります。

フリーター状態にある理由については、大きく以下の3つの理由に分けられます。

【1】プラスの理由

  • 資格を取得するために勉強していた
  • やりたい仕事があったのでそのための経験を積んでいた
  • 親の介護など定職に就けない状態だった
プラスの理由でも、フリーター期間がその理由の割に極端に長い場合はマイナス理由になりかねないので注意が必要です。

【2】マイナスの理由

  • 働く意欲が湧かなかった
  • 社会的責任を持つのが嫌だった
  • 正社員じゃないと意味がないと思った
当然ですが、30代でフリーターであったことのマイナスの理由は就職試験で本音として伝えるのはNGです。
その状態だった自分が「これからどうなりたいのか?」といった将来的な展望を明確にする必要があります。

【3】病気系の理由

  • うつ病などの精神的な病気
  • 指定難病などの病気

病気系の理由の場合に最も注視されるのは「その状態で今後は働けるのか?」ということ。就職を考える前に、以下のことを明確にしましょう。

  1. 自分の健康状態の把握
  2. どういう仕事であれば従事できるか?

【1】がわからないと、就職支援などで【2】を調べることができません。病院での診断書も重要ですので、掛かりつけ医に相談しましょう。




30代フリーターからの就職活動はまず公共機関の利用を検討する

30代でフリーターから就職を目指す場合は、いきなり仕事を検索するのではなく、公共機関の就職支援の活用をおすすめします。
30代の場合は、ハローワークに加えて「ヤングハローワーク」からの支援を受けることもできます。

特に活用してもらいたいのは「ジョブカード」の作成です。ジョブカードは自分の経験や、やりたいこと(興味・関心)をまとめることができ、履歴書作成なども同時に行うことができます。

ジョブカードは作成に際してキャリアコンサルタントに相談ができます。ハローワークで無料カウンセリングを受けられるのです。


詳細については、厚生労働省から紹介されている下記ホームページを確認してください。

ジョブカードの詳細: https://jobcard.mhlw.go.jp/advertisement/

また、「VPI職業興味検査」「GATB厚生労働省編一般職業適性検査」といった選択式検査で、参考レベルではありますが職業への興味度や適性を調べることもできます。

仕事を探したくても、自分が知っている仕事は限られているか偏った情報しかない場合がほとんど。一度キャリアカウンセリングを受けて仕事について情報を深めることが重要です。

30代前半のフリーターが正社員を目指す場合

30代前半のフリーターの場合は、直接的に正社員に就職できる可能性は30代後半に比べれば高いです。その可能性をフイにしないように就職への道を積極的に探りましょう。

【1】フリーター特化の就職支援サービスを利用する

現在では、フリーターの人を対象とした、民間の「就職支援サービス」が複数あります。30代のフリーターでも正社員就職可能な企業求人を有している人材紹介会社です。

そのサービスを利用するのが最も近道です。ただし、登録したサービスがあなたをぞんざいに扱うようならば即刻利用をやめましょう。

  • あなたの経歴を蔑む
  • 偏った業種の案件を勧めてくる
  • 明らかにブラックな内容の仕事を進めてくる
  • 「あなたにはここしかない」と言ってくる

こういった対応をしてくる会社は危険度が高いです。対策として、いくつかのサービスを利用して自分のことをしっかりとサポートしてくれる担当者のみに注力しましょう。

20代の就職支援を優先する場合もある

フリーターの就職支援サービスは増えているとはいえ、ほとんどは20代を優先する傾向にあります。その理由は単純で、30代よりも企業に内定しやすいからです。

転職エージェントの仕組みで紹介したように、支援サービスは内定後に入社して初めて報酬をもらえます。ですので、少しでも合格の可能性が高い方を優先します。

そんな中、30代でも支援を積極的に行なってくれるのが「DYM就職」です。



担当のエージェントとの面談情報が求人企業に連絡されるので、書類選考なしで面接を受けることもできます。求人は正社員案件のみで採用率は96%です。(2019年5月現在)

ハローワークリクナビNEXTなどを利用するのはもちろん、こういったフリーター特化の支援サービスを併用することで就職の成功率を上げることが可能です。

【2】派遣職で経験を積んで正社員を目指す

これも定番ではありますが効果は高いです。フリーターの場合は、職務経験が散らばってしまって専門的な経験を積めていない人がほとんど。

ですので、研修制度が充実した派遣サービスで特定の経験を積み、そのスキルに関係した企業への就職を目指すという方法が王道です。

時間的な余裕を見過ぎないこと!

30代前半のフリーターの場合、気持ちにまだ余裕があることが多いのでタイムリミットを意識してください。また、重要なのは「継続できるか?」ということです。

継続できないようなスキルを積んでも、結局はまた他の仕事を探すことになりかねません。年齢を重ねるほど就職は不利となることを忘れずに!

↓30代向けの派遣サイトも絞り込めます↓




30代後半のフリーターが正社員を目指す場合

30代後半の場合は、就職の難度が30代前半に比べて高まります。よほどの理由と経験が無い限り、最初から正社員採用は難しくなります。

当然、仕事を選ばなければ就職先は見つかるかもしれませんが、自分が働きたい環境を見つけたいのならばオススメするのは以下の2つの方法です。

【1】バイトとして働いて正社員を目指す

バイト先で正社員登用がある企業に限られますが、バイトならば短期間の経験で自分がそこで働けそうかの判断もつきます。

合わないのならば、次のバイトを探すという手もあります。何気なくバイト先を探すのではなく「自分が働きたい」という目線で探しましょう。

【2】派遣先での正社員を目指す

派遣の場合には「登録型派遣」と「常用型派遣」があります。正社員を目指すならば「登録型派遣」で、正社員登用の可能性がある企業への派遣を相談しましょう。

経験を積むという時間的な余裕がない可能性もあります。なので、最初から「正社員採用を前提」とした動きをしなければ、40代に突入していくリスクがあることも忘れずに!

とにかく「就労経験」を積むこと!

30代フリーター状態で正社員として働いた経験が無いならば、就職した後に「この会社は自分に合わない」という気持ちが湧くかもしれません。

ただ、転職という手もあります。しかし、その転職にも「就労経験」は思いの他重要です。まず確実に「正社員になる」ことを考えて動くことをオススメします。




30代フリーターの究極の手段は「起業」を挟むこと

世間一般的には、「フリーター」と聞くと「定職についてない人」という印象になります。ただ、それが「自営業」となると「自分で事業を起こしてるんだ!」という評価に変わります。

フリーターの方々は基本的に「バイトなどをしている」状態です。それと違って「自営業(個人事業主)」は、税務署に『開業届』を出して仕事をしている状態です。

「開業」と聞くと難しく感じるでしょうが、最近では「クラウドソーシング」の普及によって、個人でも在宅で仕事ができる環境が整っています。つまり、開業自体のハードルは低いのです。

職歴を作る意味では、開業をした上で「クラウドソーシング」の仕事を行うという手もあります。個人事業主は「ダブルワーク」もできますので、足りない収入は他のバイトで賄うことも可能です。

開業することによって責任感がつきますし、自分自身で以下のことをやることになります。

  • 仕事を自分で探す・つくる
  • 仕事に必要な経費を支払う
  • 仕事の納期を守る
  • 税務処理を行う
このように、仕事のすべての流れを経験できるのです。これは、一般のサラリーマンではなかなか体験できない貴重な経験です。そのまま個人事業主として頑張るもよし、その経験を踏まえて「派遣」「正社員」などの就職を狙う方法もあります。

30代のフリーターの末路はどうなるか?

30代のうちにフリーターを脱していない場合は、そのままフリーターとして40代に突入することを意味します。

40代になると就職の難度がグッと高まります。採用する側の雇用意欲が下がるのはもちろん、何よりも本人の就労意欲がますます無くなるという問題があるのです。

生活習慣はなかなか変えることができません。30代までに高まらなかった就労意欲を上げることはさらに難しくなります。

また、40代で初めて会社に入社した場合、30代以下の若手があなたの指導員や上司となります。そういった環境に耐えらえる人は少ないのではないでしょうか?

年齢を重ねることは、就労においては残念ながら不利です。決意を固めて30代のうちにフリーターを脱するという気持ちを持ってください。




まとめ

30代でフリーターというと世間の目は厳しく感じるかもしれません。ただ、そこに理由があるならば、その理由と今のうちにしっかり向き合いましょう。

何か夢がある → その夢の期限はいつなのか?
病気で働けない → 支援などの手は借りれないか?
正社員は嫌だ → その状態でこの先も生き残れるのか?

30代のうちに、以下のことを明確にしましょう。

  • このままの自分でいいのか?
  • それとも変えなければいけないのか?
とにかく覚悟を決めて就職に向けて何らかの動きを始めれば、自ずと欲しい情報と出会える機会も増えていきます。