30代が未経験で転職しやすい業種と「困難」をともなう業種

30代でも未経験で転職しやすい業種はある

30代で転職を考えたとき、多くの人は「未経験職」への転職を候補に入れるでしょう。

  • 昔からやりたかったこと
  • 人に聞いたりTVや雑誌でみて面白そうと思ったこと
  • 今の職業より圧倒的に待遇がいい

30代での未経験転職は、求人がないとどうしようもありません。ここでは、30代での未経験転職がしやすい業種と、経験や勉強が必須となる業種について紹介します。

30代でも未経験転職が可能な業種

リクナビNEXTなどの転職サイトでも「未経験歓迎」という求人は数多く存在します。20代や第二新卒などの若手が優遇される場合もありますが、ここで紹介する業種は30代での未経験転職のチャンスがあります。

30代未経験でも資格なしに転職可能な業種

ここでは、リクナビNEXTdodaなどの転職サイトで「未経験応募可」で職業検索を実施した結果の中から、30代での応募も可能な業種を紹介します。

営業(企画、法人、ルート)

営業職は基本的にどの企業でも必要な職種です。商品やサービス、不動産、保健など取り扱うものは様々であり、今後も無くなることはないでしょう。

30代で未経験であっても転職の可能性が高い業種ではありますが、人と関わることが前提の職業となります。

事務・総務

とくに女性人気が高い職種が「事務職」。30代であっても未経験転職が可能な職業の代表格です。ただ、求人倍率は非常に高くなります。

東京のハローワークの求人倍率ではダントツの「0.58倍」。しかも20代などの若手が優先される職種です。

接客・販売系

雑貨や衣服、家電といった製品の販売職はもとより、ホテルやウェディングプランナーなどの接客系業種も30代での未経験転職は可能です。

ただ、「飲食系業界」と同様に30代の平均年収が低い業界でもあるので、待遇などの事前確認は必須です。

飲食系

飲食系はどの年代でも基本的に求人があります。その理由の一つには離職率が高いこともあります。厚生労働省の給与データでも飲食系は下位に位置しており、就労時に課題が多い業界です。

30代での未経験転職でも店長候補になれたり、自分で独立して飲食店を持つための経験として就労する人もいます。

女性のエステ・美容系など

女性の転職人気が高いものに「美容系」があります。ネイリストなど一部資格が必要なものがありますが、現在はスクールも充実し、美容系の転職を専門とした転職サイトや転職エージェントもあります。

製造業(ラインスタッフなど)

韓国や中国などへの生産ライン移転も行われてはいますが、やはり日本国内での生産ラインも健在です。特に大手企業などの生産ラインは国内に重要拠点が多いのが実情。

愛知では自動車系、関東圏では化学系のラインなどが集中しており、30代の未経験者でも求人があります。大手企業の直接雇用でないケースもありますが、グループ企業として待遇がいい求人もあります。

施工管理・施工スタッフ

求人広告で見ることが多い「施工系」の求人も30代未経験での転職は可能です。施工スタッフは基本的に現場での施工作業を行うことになり、30代で完全未経験でも転職が可能です。

施工管理職となると「工程管理」「安全管理」などの知識と経験が求められるので、完全未経験での転職は難易度が高くなります。




30代未経験でもスクールなどで経験をすれば転職できる業種

専門系の職種でも人手が不足している業界では専門のスクールで勉強をすることで、転職が可能なところもあります。ある意味では「未経験」ではなくなりますが、30代でもチャンスがあるので自分の適正に合いそうならばチャレンジするのもありです。

看護師

30代で看護師に転職を考える場合、看護師学校や短期大学に3年間通うことで「看護師国家試験」を受験する資格を得ます。これに合格する必要があります。

看護学校は30代でも入学可能で、30代の学生も普通にいます。看護師は病院勤務以外にも企業など幅広い業務に従事できます。

看護師の資格取得に関する詳細は、公益社団法人『日本看護協会』のホームページを参考にしてください。

介護系

高齢化社会の日本で確実に不足しているのが「介護士」です。必要性はわかりますが、業務の忙しさと給与待遇の低さから就労希望者が少ないという現状もあります。

介護系の仕事に就くには「介護職員初任者研修」を受ける必要があります。介護士の実務経験を積んで「介護福祉士」や「ケアマネジャー」の資格を取得すれば実務以外にもマネジメントの経験を積むことも可能です。

介護士資格の取得については『社会福祉振興・試験センター』に詳細が記載されています。

ITプログラマー系

IT系の技術者は現在も人手不足という現状があります。転職支援サービスでもITエンジニアの転職には力を入れており、30代の未経験者でも転職の可能性はあります。

ただ、全くの未経験では転職もできません。プログラミングスクールに通って基礎知識を習得した上で、就職後に実務経験で成長することが求められます。

家でもできるネットITスクール「TechAcademy」

在職中の人は勉強しようにも体系的なカリキュラムでないとIT系は挫折します。そういった人は、IT系の専門学習がネット上でできる「TechAcademy」がおすすめです。「4週間プラン」ならば、比較的低予算で短期間の基礎習得が可能です。

無料で1週間プログラム体験ができ、不安なところを事前に無料相談することも可能です。

↓初心者でもオンライン支援でサポート↓


ハローワークの職業訓練で一部web系のものもありますが、全員が受講できるわけではなく最先端は学べません。システム開発系はレベルが高いですが、webデザイン系は比較的取り組みやすいです。

30代未経験でも資格があれば転職しやすい業種

30代で職務経験がなくても、「運転免許証」などの資格があれば転職しやすい業種もあります。

トラック運転手

トラック運転手も大きく分けて2つの業態があります。どちらも「運転免許証」があれば未経験での転職は可能です。

  • 長距離運輸トラック
  • ヤマト運輸や郵便局などの中近距離配達
長距離トラックの場合は「大型免許」が必要と思われるでしょうが入社後に資格を取得できる企業もあります。また、フォークリフトや玉掛けなどの資格があれば、荷物の積み込み業務など、業務の幅が拡がります。これらの資格も基本的には入社後に取得可能です。

天然ガスや化学物質などの「危険物運輸」の場合は、「危険物乙4免許」などの取得が義務付けられます。

タクシー運転手

タクシー運転手も30代での未経験転職は可能ですが、「二種免許」が必要になります。一種免許は自分での取得が当然ですが、二種免許は基本的に入社後に企業負担で取得が可能です。

業務形態は「隔日勤務」や「日勤・夜勤」があり、ご存知の通り乗車時間は10時間超えなどかなり大変です。運転技術だけでなく「接客」が重要な要素であり、ナビがあるとはいえルートを覚える必要もあります。

自販機ルートドライバー

コカ・コーラ社などの自動販売機の商品入れ替えや補充をルートに沿って行うことがメインの業務となる「自販機ルートドライバー」。

基本的には運転と補充業務がメインで、1人で行う場合がほとんどです。人とあまり関わらずに業務をしたい人にもオススメの業種です。

自動車整備(自動車整備士資格)

各自動車メーカーのディーラーはもちろん、ドライブショップ系(オートバックス、イエローハット)などでも活躍ができる自動車整備士も30代での未経験転職は可能です。

ただ、普段から自動車やバイクなどを扱うのはもちろん、好きであったほうが従事しやすい業種です。自動車整備士の資格取得については『日本自動車整備振興会連合会』に詳細が記載されています。




30代での未経験転職が難しい業種

ここからは、30代での未経験転職に困難を伴う職種や業界について紹介していきます。とくに、資格と経験を重要視される専門系の業種は未経験での転職が難しくなります。

医師

言わずと知れた最難関資格が必要です。また、医学部や研修医経験も必要なため6年以上の学習期間を要し、医者を目指すならば大学への入学が必須です。

医師系への転職は長期目線での活動が求められ、医師として活躍できるには最低でも9年は掛かります。この時間を今から捧げる気持ちがあれば検討しましょう。

研究・開発職

研究職や開発職などは、大学での研究実績や企業での経験がないと未経験での就労は難しくなります。

  • 研究・開発の進め方の経験
  • 専門的知識
  • 業界の知識
などが重要になるからです。どうしても開発や研究職を目指すならば、未経験からの研修も充実している「ものづくり系」の派遣会社に登録して経験を積むという方法があります。

設備技師

高電圧や化学系の設備などの設計・開発技師の業務も専門性が必要とされます。関係する専門学校や大学を卒業していないと未経験での転職は難しいです。

同じ設備系でも「保全」や「維持」といった、既存設備の点検・補修などを目的とした業種は未経験でも転職できる可能性があります。実際に引越し業者から転職した知人もいます。




まとめ

30代で未経験転職をすることはよく「キャリアのリセット」と言われます。ただ、未経験職の中には過去の経験と少なからず関連する業務がある職種もあります。まずはそういった「関連性」に注目しましょう。
目指す職種が「完全未経験」の場合は覚悟が必要です。

  • 応募し続ける覚悟
  • 給与待遇が下がる覚悟
  • 一から勉強する覚悟
わたしの30代の転職は給与待遇などが受け入れられず辞退となりました。未経験職を目指す場合は、とくに「自己分析」を重視しましょう。単純に「やりたいこと」といった感覚だけでなく、適性や価値観とのマッチも深掘りした方が後悔せずに済みます。