30代で仕事が見つからない原因は?理由を掘り起こして対策しよう!

30代で転職や再就職、もしくは初めての就職を考えて仕事を探してるのに見つからない。人に相談しても「仕事を選びすぎだよ」とか「売り手だからいくらでもあるよ」と言われてはいないでしょうか?

30代で仕事が見つからない原因は人によって違います。人に「選びすぎ」と言われてもあなたの価値観ではそういうわけではないでしょう。

ここでは、30代で仕事が見つからない状態で悩んでいる人が、その原因を見つけて仕事を見つけ出すための方法を紹介します。

30代で仕事が見つからない原因は何か?

30代で仕事が見つからない状態になっている原因は、「高望みをしている」とか「自分の経歴が悪い」といったことではありません。もっと根本的なところに原因があります。

【1】自分が仕事に求めることがわからない

どんなに仕事を検索したり求人票を見たとしても、仕事に求めることがわからないと、「何か違う」という気持ちが湧いてしまって仕事検索を繰り返すことになります。仕事をただ眺めているだけでは見つからないのです。

仕事を検索する前に、自分が好きなことや得意なこと、嫌なことや苦手なことを過去の経験から掘り起こしてみましょう。一例としては以下のようなものでしょう。

  • 人と接して提案するのが好き
  • データを細かくまとめるのが好き

実際はこれほど単純ではないと思いますが、例えば以下のようにエピソードを絡めるといいでしょう。

  • 高校時代に弁論大会のスピーチで褒められて、人前で話すことが好きになった
  • 子供の頃に読んだ○という本の主人公の言葉が好きで自分のポリシーになった
  • 小学校の頃の先生の教え方が上手くて格好良かったから人に教えるのが好きになった
こういった掘り起こしによって、今の自分につながる価値観が見えてくるようになります。価値観がそのまま反映される仕事があるとは限りませんが、自己理解がまず重要なのです。

考えたことを書き出して見える化する

求人票に求める「給与」「休み」や「福利厚生」も、なぜそれが欲しいのかを書き出すことが重要です。こうしたことを書き出すことで、自分が優先することや妥協できる点が見えてくるようになります。

【2】自分の要望を満たす仕事を知らない

人によっては、いろいろな性格分析や自分の経験から、おぼろげながらも自分が仕事に求めることがわかっている人もいるでしょう。

しかし、そもそも仕事についての知識がないと、自分が望む仕事を見つけることはできません。ホランド博士によると仕事は6つのジャンルに分類されます。

  • 企業的
  • 慣習的
  • 現実的
  • 研究的
  • 芸術的
  • 社会的
自分が仕事に対して求める「興味」と、実際に持っている「スキル」がどれに該当し「どういった仕事があるのか?」を知らないと、関連性のない仕事を検索し続けることになってしまうのです。

30代で仕事が見つからないことをコンサルタントに相談する

30代で仕事が見つからないと悩んでいる人は、自分一人で悩んでいたり、身内や親しい人にしか相談できていない状態ではないでしょうか?

仕事に関してどれだけ悩んでいても、自分が優先したいことや強み・弱みといったことが理解できないと満足のいく仕事探しはできません。また、仕事のことを理解していないと見つけることができません。

一人で悩まずにキャリアコンサルタントというカウンセラーに相談をしてみましょう。

キャリアコンサルタントは仕事斡旋業ではない

「キャリアカウンセリング」となると身構えてしまう人も多いでしょうが、キャリアコンサルタントは「仕事の斡旋」が主たる業務ではありません。キャリアの悩みを解決することが仕事です。

「仕事がない」と悩んでいても、その悩みの本質は別のところにある場合があります。そういった問題の発見と解決の助力をするのがキャリアコンサルタントの仕事です。現在では、以下のような方法でキャリアカウンセリングを受けることができます。

ハローワークでの無料相談

ハローワークで職業訓練を受ける場合に、専門実戦訓練給付金などの需給にはジョブカードの作成が必要になります。この時に、キャリアコンサルタントと面談をしながら作成します。

ハローワークで予約をすることで、キャリアコンサルタント有資格者と面談を行うことが可能です。

キャリアコンサルタント有資格者組織

キャリアコンサルタントは2016年から国家資格となっており、この資格を有する人たちが「キャリアコンサルタント」と名乗ってカウンセリングを行うことができます。

キャリアコンサルタントの協会組織や、個人でのカウンセラーへの相談が可能です。初回無料で2度目のカウンセリングが有料というケースが多いです。基本的にカウンセリングは一回では終わりません。

ハローワークでは何度も同じ人にカウンセリングを受けることが難しいこともあり、民間のキャリアコンサルタントを利用する人もいます。

転職エージェントの利用

転職エージェントでは、登録後に面談を行います。この際に、求職者の要望を汲み取り実際に仕事の斡旋を行います。転職エージェント全てがキャリアコンサルタントの資格を有しているわけではありません。

したがって、カウンセリングよりも「仕事を見つける」方に特化しがちです。当然カウンセリングができる担当者もいますので、具体的な仕事探しを優先したいなら転職エージェントの利用がおすすめです。

30代で仕事を探すときは複数の媒体を利用する

ここでは、30代で仕事が見つからない場合に、仕事を見つけるために利用すべき情報源を紹介します。

30代での転職・再就職ならば「転職エージェント」の利用をまず検討

わたし自身が転職時に転職エージェントを活用したこともあり、当サイトでは転職エージェントの利用をおすすめしています。

担当の転職エージェントと面談をしたり転職活動をしながら実際に求人を受けていると、しだいに転職の方向性が見えてくるようになります。転職エージェントと定期的に方法性をすり合わせながら自分の理想に近い転職を探ることができます。

転職エージェントは求人選定以外にも以下のような転職活動に関わる重要な項目をフォローしてくれます。

  • 応募書類添削
  • 応募書類の提出と推薦
  • 面接対策
  • 採用試験日程調整
  • 内定後フォロー
カウンセリング以外にもこれだけの支援を受けられるので、利用を推奨しています。自分に合わなかったり、転職を辞める場合はサービスの途中中断も可能です。

転職サイトで可能性を探る

転職エージェントはあなたの希望に近い求人を紹介してくれますが、そのことにプレッシャーを感じる人もいるでしょう。そういった場合は、転職サイトの利用を検討しましょう。

転職サイトは自ら仕事検索ができるのはもちろん、「スカウトサービス」を利用することで、あなたの経歴・スキルや興味関心にマッチしそうな求人情報を受け取ることもできます。

就職なら就職エージェントの利用を検討する

30代で初めての就職を考えている場合は、仕事に対する知識も机上のものがほとんどです。仕事の実態がわからないため仕事を見つけ出すことに苦労します。

30代ならば「DYM就職」といった民間の就職エージェントの支援を受けることができます。仕事の理解や可能性の探求に利用してみましょう。

地域採用優先ならばハローワークを利用する

転職や就職に限らず、自分が現在居住している地域やUターンで地元に帰りたいなど、特定の地域での就労を希望するならば、ハローワークは最も仕事検索に適しています。ハローワークは中小企業求人が多いですが、それ故に地域限定の求人を多く有しています。

転職エージェントや転職サイトの場合は、地域限定求人の数がかなり限られます。それは、求人元企業側が求人登録費用や成功報酬をサービスに支払う必要があるため、企業側の登録が限られるからです。

あなたが優先する項目に「地域」があるならば、ハローワークで集中的に求人を探すことをオススメします。

就職や転職にはタイミングも重要

30代に限らず、仕事に出会うにはタイミングも重要です。

  • たまたま気になっていた企業が求人を出した
  • 久しぶりにあった友人から会社の立ち上げメンバーを探していると言われた
「運」にも近い要素ですが、見つからないと悩み続けていても「ポンっ」と仕事が舞い込むことがあります。ただ、こういったタイミングと出会うには行動をし続ける必要があります。
  • 定期的に転職サイトで求人を探す
  • 転職エージェントに求人情報の提供依頼をしておく
  • ハローワークの求人を毎月確認する
など、情報を受け取れるような環境にしておく必要があります。

まとめ

30代で仕事が見つからないと悩んでいる人は、まずはその原因を探ることから始めましょう。その時には、「理想が高すぎる」「満足いく給料の求人がないから」といったことではなく、自分の価値観を掘り起こすことから始めてみましょう。

欲しいのは「高い給料」ではなくて、「自分の仕事を褒めてくれる職場環境」かもしれません。具体的な求人の前に抽象的な自分の価値観を少しでも明確にしてみましょう。