30代の転職や再就職で求められる「マネジメント経験」とは?

30代の転職や再就職において求められるとされる「マネジメント経験」。マネジメントと聞くと、どうしても「管理職としての業務経験」と連想してしまい、

  • 自分には応募権利はないのでは?
  • 管理職経験はハードル高いな…
と判断し、可能性を閉ざしてしまう場合もあるでしょう。

厚生労働省のデータでは日本の管理職人口は、全従業員の10%程度とされています。これだけの人にしか「マネジメント経験系」の転職権利が無いなんてありえないですよね?

ここでは、転職市場でよく求められる「マネジメント経験」について、30代の中堅層がどのような経験を求められるのか説明します。




管理職レベルが求められる「マネジメント力」

30代の中堅層のほとんどが一般職であることは数値からわかったと思います。一般職層が求められる「マネジメント力」に進む前に、管理職層が求められる「管理力」について知っておきましょう。

30代の転職者たちは将来的には管理職へと昇進することを求められるケースが多いので、大きく2つだけ把握しておきましょう。

会社の目標を達成するための「達成力」

管理職の評価はシビアです。わかりやすい例だと、ボーナスの査定は一般職以上に「結果」が反映されます。個人としての結果はもちろん、それ以上に部署・事業の評価がそのまま反映されることになります。

管理職は、一般職よりも格段に経営者層に近い存在であり、実務レベルの業務から離れざるを得ない経営者層の代行者として、現場をまとめ上げる力が求められるのです。

部下の労働状況を管理する「労務管理」

管理職には、労働基準法に準拠した業務を部下に行わせる責任があります。わかりやすいレベルだと「残業時間」「休日出勤」「有給取得率」を規定内で準拠させるといった事です。

また、部下が「うつ病」などの精神病を患わないように、精神的なケアもする必要があるのです。




30代の一般職が転職や再就職で求められる「マネジメント力」とは?

管理職の経験がない一般職層は、管理職層ほど「結果」を重視した管理経験はそれほど求められません。(そこに厳しい企業もありますが)

しかし、最低限「経験しておいてほしい管理経験」というものもあります。ここでは、3つに絞って説明していきます。

【1】チームリーダーとして複数人をまとめた経験

マネジメント経験と聞いて、まず思いつくのが「リーダー経験」でしょう。個人だけで仕事をするのではなく複数人で仕事を行い、しかもそのチームを束ねた経験のことです。

マネジメント経験を求めてくる企業は、当然複数人で行う業務を主としています。ですので、複数人で仕事ができる能力を求められるのはもちろん、そのチームが機能するようにまとめ上げる人材が欲しいのです。

転職や再就職後に、すぐその能力を発揮するのは難しいでしょうが、会社に慣れると確実にチームリーダーを任されることになります。少人数・短期間でもいいので、チームリーダー経験がある場合は、それを説明するようにしましょう。




【2】部下や後輩を育成した経験

30代ともなると、多くの人は仕事上の部下や後輩を持ったことがあるでしょう。マネジメント経験の中で求められる能力の一つに「育成力」があります。

あなたは年齢を重ねるに連れて、新人の頃の仕事からどんどん手が離れていって、徐々に高いレベルの仕事を行うようになったでしょう。あなたが入社して間もなく、または20代後半に行なっていた業務は、次の若手たちに落とし込んでいったはずです。

会社としても、社員の高齢化に伴って次の世代の社員たちが問題なく業務をこなせるレベルになっていてもらわなければ存続できません。なので、新しい世代を育てる必要があるのです。

その役割を求められるのは、その次の世代の先輩になります。あなたも直接的な部下や後輩以外でも、誰かに業務を教えたり教育した経験が少なからずあるはずです。その経験をピックアップしてみましょう。

【3】「プロジェクト」でのリーダー経験

「プロジェクト」と聞くと、何か達成困難な難しくて規模の大きなものという印象を持つかもしれません。

プロジェクトとは大小に関わらず「決められた期間内にある一定の結果を出す計画」のことを指します。ですので、規模や成果の大小は問いません。

  • ある一定の人たちと業務上の関係性を持つ
  • 目的を達成するための計画を建てる
  • その計画を予定通り進める(進捗管理)
  • 目標としていた結果を(ある一定レベルまで)達成する
といったようなことです。基本的には、数値化できる目標を複数人で達成するようなものをいいます。

  • ある製品を○までに開発する
  • 店の売り上げを○月までに△%達成する
  • □月の来客数を○人にする

などといったものが挙げられます。「数値化」「複数人」といった仕事は多くの人が経験していると思います。また、30代ともなるとその中のある項目でリーダー的な業務を行なった機会があるはずです。

別に大きなプロジェクトの全体を取りまとめるリーダーの経験である必要はありません。そのプロジェクトの特定の項目の実行リーダーでもいいのです。

とにかく、「結果を期間内に出すために協力し、一部でもリーダーとして引っ張った」という経験を考えればいいわけです。




求人票に書かれている「マネジメント」がどこまでを求めているのか?

転職や再就職をする際には、当然「求人」を検索することになるでしょうが、その求人票で求められている「マネジメント力」が何かを把握する必要があります。

転職も再就職も、採用側の企業が求めているのはマッチングです。ですので、企業側が求めている「マネジメント経験」とズレていては、採用される可能性は下がってしまいます。

こういった求められる経験が明確でない項目は、応募者をかなり悩ませることになります。ですので、転職エージェントなどの「その求人先企業に求める人材の意図を確認できる」人に相談した方が、よけいな遠回りをせずに済みます。

まとめ:転職で求められるマネジメント能力とは?

30代の転職で求められるマネジメント能力について説明したきましたがいかがだったでしょうか?

マネジメント能力のポイントは以下の通りです。

  • チームをまとめて結果を出す能力
  • 部下を育成・管理する能力
  • プロジェクトリーダーなどの経験

マネジメント能力やマネジメント経験は誰しもが必ず持っています。まずは誰かと一緒に行った仕事経験から振り返ってみましょう。