dodaを利用して30代で社内SE職経験者の転職活動

今回は、30歳でITエンジニア職「SE」の経験を、そのまま生かして他社メーカーに転職した方の体験談を紹介します。
エンジニア職は求人も豊富で引く手数多と思っても、企業の採用基準を満たしていなければ書類選考でも不採用が続きます。

体験談の主人公が社内SEの経験を生かして、どう転職の失敗を防いだのか? その体験談の詳細を紹介していきます。

30歳で経験職の「社内SE」で製造業のSEに転職

前職が「社内SE」だったのですが、30歳での転職先は同じ職種で「原材料系」から「製造系」メーカーに転職しました。

性格は真面目でありながら、かなり活発に意見を言うことのできる積極的な性格です。過程と結果の両方を意識して仕事をすることを重視しています。

【前職】原材料メーカー 社内SE
【転職後】製造業 社内SE

4つの転職エージェントサービスを活用し「doda」で内定

転職が決まったのは「doda」です。それ以外に以下の転職支援サービスを利用しました。

「doda」「JAC-recruitment」は対面で面談を行い、現在の状況やキャリアプランとして求めるものなどを1時間ぐらい話しました。マイナビのみ電話での回答でした。

経験職への転職をすることで給与アップが目標だった

転職に際して一番の目的は「年収アップ」でした。未経験職では新卒並みの給料になるという話も聞いてたため、経験を活かす形で転職しました。

給与待遇
当然ですが、前職よりも年収がアップすることが前提でした。
仕事内容が経験を活かせること
社内SE業務でのさらなるステップアップが目標です。
将来性
事業の将来性は必須項目でした。技術の進歩に対応できるかも、就労の安定性には必要です。

IT系の転職活動はスムーズだったが退職交渉は難航

IT系のエンジニアの転職は求人も豊富で、活動期間は2ヶ月間くらいです。応募社数は多かったですが、転職活動初期で苦戦していた書類選考が通ってからは1ヶ月程度で内定が取れました。

退職交渉期間は1ヶ月と短めでしたが、引き留めにあって円満ではありませんでした。内定先企業も長くは待てない状態でしたので「次が決まっている」とひたすら訴えました。

在職中での転職活動だったので平日の面接にどうしても有給を使います。ただ、そんなに多くは取れないため、採用面接は1日に3-5社を裁く必要がありました。

30歳でのIT系企業転職に30社応募

転職の活動初期は、エンジニア経験を売りにしても書類選考がほとんど通らず、「このままどこも決まらないのでは…」と思いました。しかし、『職務経歴書』などの応募書類の修正をエージェントさんに根気強く付き合ってもらって書類選考も通過するようになりました。

【応募会社数】30
【書類通過数】15
【一次面接通過数】5
【内定社数】2

30歳の中途採用試験で受けた筆記試験は一般的なもの

筆記試験の有無は会社によりけりでした。あまり専門的な筆記試験を受けた記憶はありません。

  • 論文のようなものを出す会社
  • 一般常識(SPI)の自社版を出す会社
  • テストセンターのみの会社
いずれにせよ、転職の際の筆記試験は準備しないと本当に解けません。最初にSPIを受けた時にかなり手こずったので、問題集などを利用して集中的に勉強しました。

転職エージェントの「面接日程調整」は本当に助かった

転職エージェントの支援の中では、何よりも採用面接のスケジュール調整が一番助かりました。有給を消化した日にすべて採用試験を詰め込みたいのですが、それを日中の業務時間中に行うことはほぼ不可能です。

そんな中、メール中心のやり取りで、転職エージェントが日程調整をしてくれたことはとても助かりました。こちらとしては仕事の都合なのですが、それをうまく先方に伝えてくれるのはまさにエージェントの力だと感じました。

転職エージェントも人によるサービスなので不満もあった

エージェント会社や担当者によりけりですが、マイナビの対応はかなりさっぱりしており、求人企業が希望に合わなくてお断りを伝えたところ「はい、了解しました」で終わってしまいました。
正直ここに頼もうとは思えないくらいでした。

注意担当となる転職エージェントで、サービスの内容に若干の違いがあります。

面接では給与や残業に関することも聞かれた

転職を決意した理由は?
現状の環境に不満を感じていたから。さらなる活躍をしたいという言葉に言い換えて先方に伝えました。
弊社を志望した理由は?
各社に合わせてその特徴や志望部署に合わせました。転職なので基本部署単位での採用なのでかなり具体的に答えました。
他社の選考状況は?
エージェントからの書類審査回答待ちが基本ですが、面接が入ってる数は具体的に伝えました。
給与希望と詳細の確認
エージェントに伝えた給与希望と同額を回答しました。
残業に対する考え方(業務が忙しく土日に出ることをどう思うか?)
ケースバイケースですが、必要なときの残業はやはり必要であり対応すべきと答えました。

30代での転職結果はIT系の経験を活かせて満足

30代で初めての転職でしたが、最優先だった年収は約30万円ほど増えました。給与も前職から上がり、周囲の同僚を含めて職場環境もよく、やりがいも見つけられたのが良かったです。

同じ社内SEとしての経験がそのまま活かせるような職場でしたので、不満点もまったくありません。

30代の転職内定の決め手は「自分の経験」をしっかり伝えられたから

30代での転職でしたが、面接でのアピールが内定を得られた要因だと思います。中途採用・転職は実歴と面接が評価のほぼ大半を占めている印象です。

とくに実歴(職務経歴)は書類でわかるので、書類が通るということはある程度見込みを持って対応されていることがほとんどです。そこをいかに生かしてアピールできるかがポイントだと思います。

また、採用面接を詰め込みながらもスケジュールをうまくこなせたことで、短期間に多くの企業との面接・内定までこぎつけられた点はかなりうまく転職活動を進められたと思います。