33歳で異業種転職し年収150万円アップ!

転職をしたのは33歳の時で、初めての転職でした。性格は基本的なところはせっかちなので、なんでもすぐに結果を求めます。転職前は設備の保全業務をしていました。

【前職】自動車部品メーカー 設備保全
【転職後】自動車部品メーカー 生産機オペレーター


転職後は同業他社のメーカーです。リクナビNEXTの求人情報のモデル年収を見た際に、30代の平均年収を超える収入が記載されていたことが決め手でした。

転職理由は30代の平均年収より収入が低かったため

33歳にして転職を決意した一番の理由は、年収が自分の年齢での平均年収に圧倒的に届かなかったからです。具体的には100万円以上も下でした。

このまま長く務めて管理職などの役職についても届かないなと思い、転職を決意しました。家族にも説明して「年収が上がるなら」と理解を得られました。

転職活動ではリクナビNEXTに登録して自力で活動

転職活動を始めたばかりの頃はハローワークで求人のネット検索をしていました。ただ、最も重要な年収の条件をクリアする求人が無かったので、リクナビNEXTに登録しました。

リクナビNEXTに登録してからは条件を満たす求人も見つかったのですが、応募書類の作成などに手間取っているうちに応募する前に締め切られることもありました。

結局2社の中途採用試験を受けてどちらも内定を得られたのですが、エージェントサービスを活用すればもっと転職活動期間を短縮できたかもしれません。

家族優先で転職先の希望条件を決定

転職先への譲れない条件としては以下のようなことです。「年収」と「職種」はとくに重視しました。

  • 【1】年収:家族の為にも年収だけは絶対に譲れませんでした
  • 【2】職種:設備保全職は拒否しました。やりがいはありますが精神的にはきつかったです。
  • 【3】福利厚生:敷地内に食堂があり、住環境もあることが理想でした。
職場までの距離に関してはある程度妥協し、通勤時間は1時間以内であればいいと思って活動していました。

転職活動は概ね順調だったが退職交渉は喧嘩別れ

転職活動は半年ほど掛かりましたが、2社とも内定をもらえたので順調でした。経歴書作成に手間取りましたが、やはり設備保全経験と同業への転職が良かったのだと思います。

【応募会社数】2
【書類通過数】2
【一次面接通過数】2
【内定社数】2

退職交渉は直属の上司に辞めることを伝えました。経営陣との面談で2時間の説得を受けましたが、とにかく退職する意思を伝えた結果、喧嘩別れのような形になりました。




大手に内定が決まったが家族の反対で断念

転職活動の中で最もつらかったのは、勤務体系の条件が折り合わずに最初に内定が出た大企業に辞退の連絡をしたことです。

生産のシフト内容や長期連休がないことで家族に反対されてしまい、泣く泣く内定辞退の連絡を入れました。採用担当の人事も驚いていたのが今でも印象深いです。

年収が想定以上に上がり転職は成功

今回転職して良かったことは、やはり年収が増えたことが最大のメリットです。370万円から150万円アップししました。職場も同業他社ということもあって前職が活かせる場所なので、責任ある立場で仕事ができています。

転職して悪かった点はあまりないですが、通勤距離がかなり長くなったことくらいです。

面接自体は同業他社ということもあり歓迎ムードだった

中途採用面接は初めてだったのですが、同業のためだいたいの仕事内容も想像でき、比較的順調でした。

かなり暑い職場だが大丈夫か?
前職でも設備保全として暑い場所で長袖での長時間作業経験があるので大丈夫です。
志望の動機は?
前職に比べて安定した基盤のある企業で、取り扱う製品の種類も多く興味深いからです。
自己PRをしてください
学歴と前職の職歴の説明をした後、学生時代のスポーツ歴で体力面と社交性をアピールしました。
交代勤務はできるか?
前職の設備保全でも交代勤務で10年以上の経験があるので大丈夫です。



やはり同業他社への転職は異業種でも成功しやすい

33歳での異業種転職ではありましたが、やはり前職が同業種で設備保全だったということが、採用面接で評価されたと思います。

設備保全ということで設備の仕組みはもちろん動作に関しても詳しかったので、オペレーター職が完全未経験ではないと判断されたからです。

面接の段階で設備保全業務をやってほしい旨を言われましたが、辞退して生産オペレータで雇用してほしいと伝えました。わがままだったと思いますが、その時に断って正解だったと思います。