30代の女性が転職を成功させる3つのポイント!正社員採用のためには?

30代女性が転職を成功させるための注意点

30代の女性の転職の場合、男性とは異なる悩みの改善や環境の変化を求めて転職を決断する人が多くなります。
ここでは、30代の転職を考えている女性に向けて、転職のポイントについて紹介していきます。

30代女性の就労状況

30代女性の転職のポイントに進む前に、日本の女性の就労状況についてデータを見ていきましょう。現在、女性の就労状況がどうなっているのかを知ることは、あなたの転職活動に少しでも役立つことと思います。
ここでは、『厚生労働省:平成29年版働く女性の実情』より統計データを引用して紹介していきます。

10年間で30代女性の就労割合はかなり増えた

女性の就労状況

30代女性は結婚や出産・育児で退職をして40代以降に再就職をすることで、労働人口が落ち込む傾向にありました。これは「M字カーブ」と呼ばれていました。

しかし、平成19年に比べて平成28,29年は10%ほど労働人口が増えており、M字が緩やかになっています。つまり、女性の就労意欲が上がっているのはもちろん、求人自体も増えてきていることを示しています。

男性に比べると非正規雇用が多い実情もある

労働人口が増えているのはわかりましたが、正社員の割合はどうなのでしょうか?
女性の雇用状況

グラフを見ると一目瞭然!男性に比べて非正規雇用が圧倒的に多い傾向にあります。これは転職理由にも関わる「結婚・出産」などによる休職や退職による一次的な戦力ダウンもあり、採用する企業側がおよび腰になっている可能性があります。

世界的にジェンダーレスの考えが増加しており、女性としても仕事を通して人生を満喫したいのは事実! 以前に比べると正規雇用数は増加してはいますが、これからの改善が望まれます。




30代女性の転職理由はどういったものがあるのか?

女性の雇用状況を見ると、非正規社員の多さなどの問題はあるものの就労人数が増えていることがわかりました。それでは、30代女性が転職を検討する理由には、どういったものが多いのでしょうか?
女性の退職理由

30代の女性は、以下のようなライフイベントに関わる理由での転職が多くなる傾向にあります。

  • 結婚
  • 出産
  • 育児
  • 親の看護
グラフを見るとわかるように、男性の転職理由と同じ「職場環境」「給与待遇」も転職理由の上位にあります。

転職理由の具体例

30代女性の具体的な転職理由をいくつかあげてみましょう。あなたも同じような悩みを抱えていないでしょうか?

  • 残業等によって家庭と仕事の両立ができない
  • 社内に産休を取ってる人がいない
  • 妊娠したことで仕事の比重を軽くしたい
  • 残業が多くて旦那が怒ってる
  • 子供が不登校になったので働き方を変えたい
  • 結婚したので引っ越しが必要
  • 女性管理職の前例が無く昇進が見込めない
ほとんどの人が似たような理由で実際に転職を決意しています。




30代女性の転職活動で重要なこと

30代の女性にとっての「転職成功」とは、上記のような問題をクリアできる企業への転職です。すなわち、

  • ライフイベント発生時にも手厚い待遇の企業か?
  • 社員は本当にその福利厚生を享受できるか?
  • 女性でもバリバリ働けるか?
ただ、男性の転職と同じですべてを満たす企業はほぼないです。また、そういった企業があったとしても、ライバルが多いこともあり転職できるとは限らないのです。

転職に関しては妥協点は持っておいてください。女性の転職ではこの妥協点が譲れずに、転職活動が長引いたり転職先が決まらないことが起こりがちです。

福利厚生
勤務地
通勤時間
業務内容
給与

こういった項目に関しては、とくに既婚女性や子供がいる方は制約が多いと思います。ただ、譲れないポイントと妥協できるポイントは考えておきましょう。

「えるぼし認定」「くるみん認定」なども参考にしよう

女性の職場での活躍はもちろん、子供がいる状況でも働きやすいような職場環境に関しての認定制度が2つあります。

  • えるぼし認定:女性の活躍を推進している会社
  • くるみん認定:子育てサポートに力を入れている会社

これらは厚生労働省に認定を受けることで、認定企業であることをPRすることが可能です。

「くるみん」認定企業情報:厚生労働省該当ページへ

「えるぼし」認定企業情報:厚生労働省該当ページへ

あくまで認定制度ではありますが、こういった認定制度の基準を満たすために積極的に女性が働きやすい環境改善活動をしているとも受け取れます。

「認定があるから安心!」とまではいきませんが、少なくとも女性に配慮をしている企業ですので求人検索の参考にしてみましょう。

実際に転職サイトなどで求人検索をする際に、「えるぼし」「くるみん」と検索することで求人を出している認定企業を検索することもできます。




30代女性が正社員転職を成功させるための方法

ここからは、30代女性が転職を成功させるためにやるべきことを紹介します。基本的には男性の転職と同じように転職サポートの活用になります。

【1】30代女性の転職の場合はどのサービスを使うべきか?


転職支援サービスとして、当サイトでは転職エージェントと転職サイトをオススメしています。その違いは以下の図の通りです。

転職エージェントとは?

転職エージェントの仕組み

転職エージェントサービスは、あなた専任のキャリアカウンセラーが転職活動を支援してくれるサービスです。採用試験の応募や対策支援、内定後のフォローまで行なってくれます。

転職サイトとは?

転職サイトは、基本的に求人を自分で検索したり、定期的にあなたが望んだ条件に近い求人情報を配信してくれるサービスです。

30代女性の転職は転職エージェントがオススメ!

後述しますが、詳細な求人情報を収集する意味では最初から転職エージェントを利用する方が近道です。
ただ、以下のような状況ならば「転職サイト」に登録してスカウトメールを待つ方法がオススメです。

  • それほど転職を急いでいない
  • タイミングを見てじっくり転職活動したい
気になる求人があったら、エージェントに支援を依頼することが可能なサービスもあります。

【2】女性の転職でもっとも大事なのは求人情報をどこで集めるか


やはり転職で重要なのはそもそも求人があるかどうかにつきます。しかも、その求人があなたの要望に近いか否かです。

ですので、求人を検索するサービスも「女性が望む待遇が記載・説明されている」ようなところを利用する必要があります。

→ 女性向けの転職サイト※このページの該当箇所に移動します。

【3】求人票に書かれているフワッとしたものを明確にする


ハローワークや転職サイトなどの求人票を見てみると、以下のような「フワッとした表記」が多くないでしょうか?

  • 未経験歓迎!
  • 既婚者歓迎!
  • 育休実績多数!
これだけではその企業の待遇や福利厚生の実施状況などはわかりません。人員構成もよくわらず、転職した後に後悔する可能性があります。

後悔をしないためには求人票の実情を確認しなければいけません。その方法は以下の2つになります。

  1. 採用試験の面接で自分で確認する
  2. 転職エージェントに確認してもらう

転職はハローワークの方が楽なんじゃないの?!

「ハローワークでいいじゃん!」と思うかもしれませんが、職員はその企業の専任でもあなたの専任でもありません。職場の雰囲気や福利厚生の実施状況の確認まではほぼできないのです。

そういった背景もあり、企業との繋がりが強い転職エージェントの利用をお勧めしています。転職エージェントは数多くの女性の転職支援経験もあり、女性が抱える転職の悩みも熟知しています。遠慮せずに悩みや不安をぶつけても大丈夫なのです。

30代女性の転職にオススメの転職支援サービス

あなたの現在の状況や今後の働き方の希望によって、利用すべきサービスも変わってきますので参考にしていただけましたら幸いです。

30代の女性の転職にオススメの転職エージェント

ここでは、30代女性が利用しやすい転職エージェントを紹介します。ここで紹介するエージェントは基本的に「正社員待遇」の求人を扱っています。

女性の転職の場合は自分の状況をいかに理解してもらうかが重要ですので、担当するエージェントは女性にしてもらうことをオススメします。

できれば自分と同年代か同じような境遇の人が望ましいです。担当者は変更可能ですので、対応が自分に合わない場合は変更の依頼をしましょう。(一部企業担当が決まっており変更が難しいサービスもあります)

複数登録が転職成功のコツ

転職エージェント複数
転職エージェントに登録する際には、2,3社を同時登録することをオススメします。わたしの体験談にあるように「求人がない」「担当がつかない」ケースがあるからです。

→ 30代の転職で求人がなくて苦労したわたしの転職体験談

type転職エージェント


「type転職エージェント」の中でも女性に特化したサービス。豊富な女性支援実績もあるので、女性ならではの転職ノウハウも充実しています。自分が働きたいスタイルや今後のキャリアについても相談しやすい環境があります。

公式サイト:https://type.woman-agent.jp/

リクルートエージェント


非公開求人数とサポート実績はトップクラス。「○社の求人ありますか?」「転職悩んでいます…」など気軽な相談も可能で、転職必須というわけではなく、メール主体の連絡も可能。女性の転職支援経験も豊富です。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

30代の女性の転職にオススメの転職サイト

転職サイトは、転職エージェントと違って働きたい環境や求める仕事のレベルで大きく変わってきます。ここでは、以下の2つのパターンの場合のオススメサービスを紹介します。

  1. 既婚・結婚前提で家庭を重視したい人
  2. 既婚・結婚願望ではあるがバリバリキャリアを積みたい人

既婚者や結婚前提でワークライフバランスを重視したい人

既婚女性で特にお子様がいる場合、どうしても働き方に制限が出ることは事実。忙しい状況ならば、求人を待ちながらの利用がオススメです。

ただ、この時に利用するサービスは「女性の要望を満たす求人を有する」ものを利用すべきです。そんな人にオススメなのが「女の転職@type」です。また、「リクナビNEXT」も登録しておけば求人案件を幅広くフォローできます。

女の転職@type

女の転職@typeのポイント

他の30代転職支援サービスと違い、女性が働く上での悩みの解決に特化した転職サービスです。自分で求人検索や応募ができるのはもちろん、エージェントに現状や将来の悩みも含めた上で転職相談を行うこともできます。

公式サイト:https://woman-type.jp/

リクナビNEXT

リクナビNEXTのポイント

男女問わずに幅広い年齢層にマッチする転職サイト。他社と差別化した求人も持ち、30代の転活にも当然有効です。適職診断(グッドポイント診断)も人気です。30代ならば非公開求人も届く「オファーを待つ」機能はONにしましょう。

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

未婚・既婚に関係なく働いてキャリアを積みたい人

キャリア形成をメインとして考えた転職をするのならば、男性の転職と同様に「ビズリーチ」の利用がオススメです。

ビズリーチは、求職者と大小関わらず様々なエージェントを結ぶようなサイトですので、あなたの転職における要望と職務経験をしっかりと記入すればスカウトメールが届きます。

女性の転職に強いエージェントサービスからもオファーが届きますので、登録後にしっかりと自分の望み職歴を記載するようにしましょう。

ビズリーチ


現職および前職の年収が500万円以上の30代に特に役立つ転職サイト。スカウト企業も質・量ともに高レベル。経験を活かした転職をしたい人向けです。

ビズリーチでの転職活動

簡単な「職務経歴」「転職先の希望」の記入でスカウトメールが届きます。気になる求人を所有するエージェントに支援依頼も可能。依頼しない限り電話はありません。求人検索企業に自分で応募することも可能。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

まとめ

30代の女性は人生において大きな節目に立たされている方が多く、転職に際してもいろいろと悩みが尽きない年齢ではあります。

とはいえ、人生にメリハリをつける意味でも家庭だけでなくやりたい仕事に取り組みたい女性も増えています。自分のこれからをもっと充実できるものにするために、じっくりと腰を据えて転職活動を行なってください。