30代の転職で利用可能なおすすめの転職サイト

30代の転職の場合は、以下のような理由から転職支援の利用をおすすめしています。

  • 30代は業務が忙しく転職活動に割ける時間が限られる
  • 30代で退職後の転職活動は長引くと精神的に苦しくなる(わたしの経験)
  • 30代で転職に失敗すると挽回が難しくなる
今回は30代におすすめの転職サイトについて紹介します。転職サイトも様々ですが、30代向けの求人を扱っていないと登録しても何も進まないという悲惨なことになります。

ここでは、転職エージェント「SIEC」監修のもと以下のような転職サイトを中心に紹介します。

  • 30代向けの求人がある
  • 30代も優先的に転職支援を受けられる
転職エージェントと転職サイトの違い

30代おすすめの「転職サイト」と「転職エージェント」の両方を紹介しますが、これらの違いについては以下の記事にまとめました。お時間あるときにチラッと見てくれるとうれしいです。

【目次】30代におすすめの転職サイト表示
1.30代の転職で男女ともに利用頻度が高いサービス
リクルートエージェント
doda
doda
2.30代の転職は「スカウト待ち」でゆっくり活動したい人向け
リクナビNEXT
ビズリーチ
3.30代の転職でも高収入求人を受けられるサービス
年収500万円以上の人:ビズリーチ
年収600万円以上の人:キャリアカーバー
4.30代でキャリアに自信が無い人向け
ワークポート
en転職
5.30代の女性の転職支援にも強いサービス
女の転職@type
typeエージェント
パソナキャリア
6.30代での転職で海外・国内外資も視野に考える人向け
JACリクルートメント
Spring転職エージェント
7.30代での転職でも利用可能な「公的機関」
ハローワーク
まとめ

30代の転職で利用頻度が高い転職サイト

30代の転職では、場合によっては多くの求人に応募する可能性も出てきます。求人数が豊富な転職サイトに1つでも登録しておくことがおすすめです。

また、登録者が多いサービスは過去の30代の転職者たちのデータも豊富なため、中途採用試験の対策の際に役立ちます。

リクルートエージェント


非公開求人数とサポート実績は転職支援業界でトップクラス。30代の転職支援実績も豊富で大手企業とのパイプも太いため、求人情報だけでなく過去の転職者の経験データも役立ちます。

エージェントも各分野で専門のスタッフがいるため、自分に合わない担当の場合は変更も効きやすいというメリットがあります。わたしもこのサービスで転職を果たしています。

doda


パーソルキャリアが運営する業界第2位の転職サービス。求人も全国対応しており、文系や理系を問わずに豊富な企業を取り扱っています。

近年とくにエージェントサービスに力を入れており、その豊富な求人と支援経験で幅広い業界の転職支援が可能。転職サイトとしても利用でき「年収診断」などのサービスも有名です。

マイナビエージェント


20代の就職・転職サポートに強い大手「マイナビ」のエージェントサービス。ジャンル別に特化したエージェントがおり、独自の企業のパイプもあるので求人の幅を拡げるならば選択肢の一つです。

30代で「待ち」の姿勢で転職したい人向け

まだ30代での転職にそこまで前のめりでない人は、求人情報を定期的に受けながら応募先をじっくり選ぶという方法もあります。

いざという時には転職エージェントにそのまま支援を依頼することもできるので「スカウトサービス」を利用しましょう。

リクナビNEXT


年齢や性別に関わらず転職を考えている人がまず登録する転職サイト。他社と差別化した求人も持つため、30代の転活にも当然有効です。

「転職サイト」なので、自分で職業検索ができます。また、適職診断(グッドポイント診断)などのサービスも人気。30代ならば非公開求人も届く「オファーを待つ」機能を活用しましょう。

転職エージェントの利用も可能ですので、気になる求人があれば問い合わせてみましょう。

ビズリーチ


ビズリーチは20代よりもキャリアを積んでいる30代以上の就労者向けの転職サイトです。スカウトメールで届く企業のレベルはリクナビNEXTよりも高いです。

ビズリーチは登録されている求人案件のレベルも高く、以下のような人向けのサービスです。

  • 転職前職業の年収が500万円以上
  • 未経験転職よりもキャリアアップを目指す人
スカウトだけでなく、自分から求人に応募することも可能です。管理画面はスッキリしているので、扱いやすいサイトです。

30代でも高収入求人を扱う転職サイト

30代で今よりもさらに高収入の企業に転職したい場合や、役職待遇の向上などキャリアアップを目指す場合には「ハイクラス向け」の転職支援サービスがおすすめです。

現職(および前職)の年収が基準となってはしまいますが、以下の2つの転職サイトは「高収入」の企業案件を多く取り扱っています。

キャリアカーバー


リクルートが運営する「ハイクラス向け」の転職エージェントサービス。リクルートエージェントと違って担当者を選ぶことができます。

自分が目指す業界や業種のサポート実績が豊富なエージェントに、支援を依頼するということも可能です。支援依頼が重複する可能性もあるため、必ずしもその人の支援を受けられるとは限りません。

他の支援依頼者に比べてキャリアが優れているなど「転職で売りになるポイントが高い人」は率先して利用すべきサービスです。

ビズリーチ


ビズリーチは年収500万円以上の登録者の場合、スカウトメールが比較的多くきます。

スカウトメールの送付元は、個人レベルから大手まで大小様々な転職エージェントですので、以下のような人を優先的に支援します。

  • 大手出身など経歴が優れている
  • 即戦力になれる専門的スキルが高い
  • マネジメント経験なども豊富
面接確約などもあり、ハイクラスな求人の場合は「プレミアムプラン」(月額制)に登録する必要がありますが、求人は年収1,000万円以上などハイレベルなのでキャリアアップを目指す人は利用しましょう。

30代でキャリアに自信がない人向けのサービス

30代での転職となると「マネジメント能力」や「即戦力」という言葉が先行しがちで、どうしてもそういった経験がない人は転職に悩んでしまいがちです。

キャリアに不安がある方でも転職の方向性を相談しやすい転職エージェントサービスもあります。自分を卑下せずに、可能性を探っていきましょう。

ワークポート


IT・web系の転職エージェントとして有名でしたが、対応する業界を拡大しており、持ち前の寄り添った転職支援はそのままに悩める転職者の支援を行なってくれます。

転職活動の進捗状況に関しても「e コンシェル」サービスで見える化できるので、担当者と情報をしっかりと共有しながらの転職活動が可能です。

エンエージェント


適性診断テスト「3E-p」という90問の質問に回答することで性格診断ができるアセスメントを行うことができます。その結果も交えながら、転職志望者の要望を汲み取った支援を行なってくれます。

東京・横浜・名古屋・大阪・福岡に拠点があるため、最寄りの都道府県に居住している場合は、初回面談だけでもいいので対面面談を行うことをおすすめします。

30代女性の転職におすすめの転職サービス

女性の転職の場合は、「出産」「子育て」など、どうしても男性と少し異なる環境に合わせた働き方が重要となってきます。

  • 育休制度はあるのか?
  • 時短勤務は可能か?
  • 急な子供の病気の場合融通が効くのか?
  • 子育て支援制度などは「お飾り」ではないのか?
こういった点は、その企業で長く働く上でも非常に重要なポイントです。こういった女性の働き方の悩みを汲み取ってくれる転職支援サービスを利用する必要があります。

女の転職@type


女性専用の転職サイト。求人情報はもちろん転職ノウハウについても分かりやすくまとめられています。「こだわり条件検索」で育児と両立した働き方ができる企業求人なども検索できます。

取り扱っている求人も正社員求人が約80%を占めます。人気の職種(事務など)は激戦ですので、視野を広くして活動することをおすすめします。

typeエージェント


「女の転職@type」と違い、最初から転職支援を受ける転職エージェントサービスです。最初から自分が抱える問題や望む働き方を相談できるので、早めに転職の方向性を決めたい人向けです。

「リクルートエージェント」や「doda」などと同様に「非公開求人」も扱っているので、求人の幅も拡げることができます。

パソナキャリア


「パソナ」と聞くと人材派遣のイメージを持つ人も多いのですが、パソナキャリアでは正社員採用の求人を広く扱っています。転職後の年収アップ率も67.1%(2019年2月)と高めであり、求人数も30,000件を超えます。

IT業界の求人も6,000件を超えるほど豊富ですので、理系女性などの転職支援実績も豊富な転職エージェントサービスです。

30代で外資や海外の転職も視野に入れている人向け

グローバル化が進んでいる中で、国内企業の海外営業所などでの経験を積んで、本格的に「海外企業」や「国内外資」に転職を考えている人もいるでしょう。外資は成果主義とされ、業務の成果で給料も大きく変わりますし、結果が出なければリストラもあります。

そういったチャレンジングな環境に30代で転職したい場合に役立つ転職エージェントを紹介します。ここで紹介する2社は国内のハイクラス求人なども扱っていますので、キャリアアップを目指す人は利用候補に入れておくといいでしょう。

JACリクルートメント


30代など中堅層以上の転職支援に定評のあるエージェントサービス。海外拠点も有するため、海外や国内外資の求人も豊富にあり、国内外を問わずに高待遇の求人を期待できます。

企業ごとに担当者が決まっており、転職支援と顧客担当(求人の開拓)を同時に行なっているため、企業との繋がりは特に強いエージェントです。担当を代え難いというデメリットはありますが、企業との距離が近いことは最大のメリットです。

Spring転職エージェント


アデコグループに所属する大手転職エージェント。顧世界60カ国に5,100拠点があるため、国内外を問わずに豊富な求人を有しています。

企業ごとに担当が決まっている「一気通貫型コンサルティング」という仕組みのため、「JACリクルートメント」と近い支援体制になります。自分が狙っている企業の求人がある場合は特に強力な支援を受けられます。

30代の転職でも利用可能な「公的機関」

ハローワーク


転職支援は民間企業だけが行なっているわけではなく、公共職業安定所(ハローワーク)も転職の相談は可能です。

  • 居住地域の求人を重点的に調べたい
  • Uターン・Iターン転職を考えている
  • 職業訓練でスキルを磨きたい
など、30代で転職を考えている人のニーズに少しでも答えられるような支援を受けることができます。

まとめ

30代の転職に限らず、求人が無いと転職はできません。求人情報は転職先の可能性を拡げるためにも幅広く・数多い求人情報が欲しいところです。

転職活動で必須の「自己分析」なども、第三者の意見を取り入れると色々な価値観が見えてきます。「自己分析」だけでも転職エージェントやキャリアコンサルタントサービスに依頼する手もあります。

30代でも仕事の選択肢はまだまだ豊富にあります。可能性を広げながら転職の成功率を上げるために、30代におすすめの転職サイトの活用をおすすめします。