MENU

30代での転職で失敗を減らすための方法

あなたは今、「職場に嫌な奴がいる」「仕事が合わない」「異動の辞令があった」など、会社で嫌なことがあったり、「ここは自分の居場所じゃない!今と違うことをやりたい!」といった気持ちが湧いてきて「転職」を意識し始めている時期に差し掛かっているでしょう。

 

30代というのは「転職」を少なからず意識し始める年代です。

 

わたしは31歳の時に転職をしています。しかも、先に離職して約9ヶ月の空白期間があります。転職を決意して活動を始めてしばらくは、なかなかやりたいことや自分が望む職場がわからず、悩みながらの転活となっていました。

 

前職から今の会社に転職するまでの流れをまとめたものが、以下の年表です。

転職活動年表

転職活動履歴ハローワーク

転職活動履歴2

転職活動履歴3

 

結果的には、前職よりも給与は増え職場環境も改善し、転職は成功できたと感じています。ここに至るには様々な紆余曲折がありました。活動初期のままの状態では、おそらく転職は失敗していたでしょう。

 

これから転職活動を行なっていくあなたが転職に失敗しないために、「失敗を減らす方法」詳細なリアル体験談をお伝えします。

 

転職活動を失敗ないためには「一人でやらない」こと

転職活動の最大の失敗とは「転職できない」ことです。それには様々な理由があるのですが、「準備不足」「情報不足」は大きな失敗要因です。これらの問題への対策としては「転職エージェント」の活用があります。

 

「準備不足」に関しては、職務経歴書などの「応募書類」や、最大の難関である「面接対策」などがあります。特に「面接対策」に関しては、転職エージェントでは過去受験してきた多くの合格者や不合格者のアンケート情報を参考に、模擬面接によって、あなたの修正点を教えてくれるサービスがありますので、本気で希望の会社に転職したいならば活用しないだけ損です。

 

「情報不足」は、「企業の求人情報」の漏れはもちろんですが、その求人先の「職場環境」や「期待される職務内容」の確認不足により、採用試験時のマッチング不足や、採用された後の「こんなはずじゃなかった」といった問題を誘発します。

 

転職エージェントには、企業の人事担当に「職場環境」を確認してもらうこともできます。職場の人数や雰囲気といったところですね。また、もしも就職した後に「求人内容」と違う条件であることがわかった時には、サポートしてくれたエージェント会社に相談することもできるのです。

 

ここに記載した以外にも各種転職援助を受けられるので、使用経験者としては転職活動で遠回りをしないために一度利用してみることをおススメします。

 

30代で転職に成功したリアル体験談

ここでは、わたしの30代での転職活動の全てを紹介します。最初は転職活動に失敗し続けて遠回りしましたが、年収は60万円ほど上がり、残業や休日出勤も半分以下となるなど、おおよそ満足のいく転職を果たしました。

 

体験談には"転活の全て"を詰めています。あなたの転職成功に、この経験と知識が役立てば幸勘です。

 

 

ブラック企業レベルの会社からの退社

「もう無理だ…会社辞めよう」
退職を決断したのは201×年の秋だった。それから3ヶ月後、正社員だった会社を辞めた。31歳だった。

休日出勤の連続 …しんどかった
徹夜の試作連続 …アホかと思った
7○時間を超える連続徹夜勤務 …もうボロボロだった
裁量労働で残業代は頭打ち …我慢できなかった
3年後には給料も上がるから! …論外だった
上司の死にそうな顔 …あの未来は絶望でしかない

当時30歳だったが、転職先など決めずに会社を辞めて自由な毎日を過ごした。しかし甘かった。減りゆく銀行口座のお金を見て、すぐに、「30代にもなってフリーター、この先どうやって生きていけばいいんだ…」と気持ちが沈んだ。

 

30代で転職活動 ! 未経験の職種はあえなく失敗

雇用保険受給資格者証

ハローワークでは離職票を提出後、失業手当のために月に1回求職活動をしていた。前職は「自己都合退社」だったので、3ヶ月の失業保険をもらってから転職活動を始めた。

 

ハローワークでは「技術職や前職の業界は絶対嫌だ!」と、興味のあった別業界の未経験職を探した。仮にも上場企業で成果をあげていたので、30代の転職であろうが楽勝だろうと思っていた。

 

しかし、30代の転職の現実は厳しかった。実務経験はもちろん、管理職や直接的なマネジメント経験も無く、応募企業7社のうち「証券外務員二種」の資格が功を奏した「先物会社」の1社だけ書類選考を通過した。

 

転職活動の中断を決意

面接官は、30代後半くらいの死にそうな顔をした社員だった。「実務経験が無く、未経験なので新卒採用と同待遇。年収は250万円くらい(前職の半分以下)。社員寮は無料。」といった内容で、転職面接は20分で終わった。採用試験を受けて3日後には通過連絡きた。最終面接の案内が来たが「すみません。他に決まりそうなところがあるので…」と、嘘をついて断った。

 

その直後には自然と親に電話していた。言われた言葉は「一回帰って来んね!」だった。家に帰ってからは、親は特に何も語らず、実家に戻ってきてもいいと言ってくれた。

 

その言葉は嬉しかったが、「ここまで育ててくれたのに、30代でフリーターになって、俺はなんて親不孝なことをしたんだ…」と思った。決して裕福ではない中で大学も行かせてくれたのに、フイにしたようなものだった。

 

その後、前職から継続して住んでいたアパートに戻り、一本のメールを送った。相手は「転職エージェント(キャリアコンサルタント)」だった。

 

31歳での転職活動再開

時は遡るが、ハローワークで再就職活動をしながら、俺は「30代に強い!」という転職サイトに登録し「転職支援サポート」という人材紹介会社のページに登録していた。それから時を経ずに「エージェントA」から連絡が来た。

 

住んでいた県には支社があり、転職エージェントAは事務所での面談を要望してきた。転職に関する簡単な面談を行ったが「仕事を辞めた本音」と「前の業界は嫌だ」ということを告げたのみだった。その時点で何も自分のことを掘り下げてなどいなかったから当然だ。

 

ハローワークと同様に「未経験業界」の求人を中心に、営業職やコンサル業などを紹介された。キャリアアップ年収アップは望んでおらず、Uターン転職は若干目論んでいた。

 

その時点では「進んでいる案件があるので、保留とさせてください」と断っていた。実務経験もない職種で活躍できる可能性は低かったわけだが…

 

そして、例の「先物会社での面接」の出来事が発生した。実家に戻る前に、エージェントAには「一度実家に戻って考えさせてください。」といった内容のメールを送っていた。

転職活動中断

 

実家での話し込みから戻ってきて、エージェントAに送ったメールは以下の通りだ。

 

転職活動再開

 

その時点では「プライドなんか関係ない!就職できない方がマズイ」と考えていた。そんな俺に、エージェントAは少し厳しく「できるだけ早く面談にきてください」と告げた。

 

転職活動の第一歩「自己スクリーニング」

こうして、転職エージェントに再び求職活動のお世話になった。30代での転職活動の再サポートを受けるにあたり、まずは仕事に対する不満など「本音の部分は何だったのか?」ということから掘り下げが始まった。

 

仕事に求めることを本音から建前まで全てあげさせられた。前職の業務エピソードや嫌だったことを語るうちに、譲れないものが見えてきた。実は、以前の仕事内容は、専門職で達成感もあり好きだった。自分が開発したものが市場に出ており商品も買っていた。

 

転職エージェントと面談をする中で、働くにあたって嫌だったものが3つ出てきた。

 

【1】裁量労働
【2】徹夜を超える業務
【3】休日出勤の連続

この"自己スクリーニング"によって、「裁量労働」「徹夜業務」「休日出勤」が退職の本当の理由だったとわかった。

 

 

30代でも転職活動では「自己分析」が最も大事!年齢が高いほど「自分のことはわかっている」とタカをくくり、転職活動の難易度が一気に上がる。その大事な自己分析を転職エージェントは手伝ってくれる。


自分では探せない「非公開求人」での応募。書類選考の結果は?

転職エージェントとの面談の結果をもとに、下記の希望条件で求人を探してもらった。

【1】職種は前職を生かせるような内容のもの
【2】給与(月給)は前回並かそれ以上
【3】裁量労働(みなし残業)ではない
【4】正社員採用であること

前職の給料も納得していかなかったが「年収アップ」には固執しなかった。ただ「年収ダウン」に関しては拒否をした。「休日出勤の有無」などについては、興味がある求人があったら確認をすることとした。

 

それから1週間の間に、求人サイトに無いような、計10個の「非公開求人」の案内がきた。まず、その中から6社に応募してみた。応募に際しては「履歴書」「職務経歴書」を提出した。

 

前職は「化成品系のメーカー」であったが、非公開求人で応募したのは業界経験が近い業界だった。

 

応募書類選考で全て「不合格」という失敗

応募した求人には「管理職」待遇などもあったが、全て「書類落ち」だった。1社くらいは通ると思っていたが、30代の転職は甘くはなかった。

 

応募書類「職務経歴書」の徹底修正

この結果を受けて修正したのは「職務経歴書」だった。20代とは違って、30代での転職では、特に経歴の部分は重視される。

 

企業は何も慈善事業で採用活動をしていない。

 

「容姿がいい!」
「会社を変えてくれる雰囲気がある!」

 

などの理由で、30代の中堅転職希望者を採用担当者が選ぶことはない。「会社に金を呼び込む存在か?」という判断をされる。

 

残念ながら採用選考用の書類では、容姿は履歴書の写真程度、振る舞い方や雰囲気は伝わらない。「文字で書かれた経歴」でしか判断されない。だからこの点はしっかりと詰めておく必要がある。

 

転職エージェントAに言われた修正点は下記の3つ。

 

【1】箇条書きで、年代順に携わった仕事とポジションを書く
【2】業績や自分の仕事が生み出したものを「数値化」する
【3】課題に対して取り組んだ経験を書く

 

転職エージェントのサポートを受けるだけで、応募書類作成時に「職務経歴書のフォーマット」を渡してくれる。その時点で【1】,【2】はクリアできるが問題は【3】だ。

 

仕事でどんな課題にぶつかったか?
          ↓
課題にぶつかって苦しんだことは何か?
          ↓
ぶつかった課題にどうアプローチして解決したか?
          ↓
それらの一連の経験から何を得られたのか?

といった流れで書くことで、経験をわかりやすく伝えられる。

 

職務経歴書で失敗する人はどこが抜ける?

多くの転職失敗者が抜けるのが「そこから何を得られたか?」の部分だ。ここが抜けると「過去の経験から今後に活かす能力が無いんじゃないのか?」と判断される。

 

成功体験にこだわらず、失敗の経験でもいい。30代前半,後半であろうが、その経験から何を得て、次にどう活かしたのかという「応用力」が、30代の転職では求められている。

 

俺に特に足りなかったのは「【2】業績や自分の仕事が生み出したものを『数値化』する」「【3】課題に対して取り組んだ経験を書く」だったので、添削を受けながら重点修正した。

 

修正後に、別の非公開求人に応募書類を提出し、ついに書類選考を通過した。それ以降は特に応募書面は修正せずに、複数の会社の書類選考に通過している。

 

エージェントは「応募代行」も行う。必要書類とともに、時には応募者の人柄なども伝えてくれる。口利きを得られるのも「転職エージェント」ならではだ。


30代にして久々の「面接対策」

書類選考を通過すると、採用選考は加速した。まずは「面接日程調整」だ。日程調整も、面接が可能な日にちを担当者に伝えれば、志望企業と調整してくれる。

 

次に行ったのが模擬面接だ。これが転職の成功を左右する。

 

30代での転職ともなると就職面接なんて6,7年ぶり。新卒の時に準備しまくったことはほぼ忘れていた。エージェントAが「模擬面接をしましょう」と進言してくれ、断れない俺は「わかりました」と伝えた。

 

転職模擬面接

 

俺の場合は、転職エージェントの事務所が近くにあったので「対面方式」での模擬面接を行うことができた。

 

模擬面接は対面がベストだが、電話でも可能。「言葉に出して答える」だけでも役にたつ。30代の転職は20代以上に時間が調整しにくいが、「電話」であっても必ず行うこと。「スカイプ」という方法もある。


模擬面接からわかった転職成功のための修正点

模擬面接を行った結果、自分に足りない点は以下のようなことだと伝えられた。

 

【1】姿勢が悪い
【2】相手の目を見すぎる
【3】転職理由はしっかり言えるのに、志望理由が弱い
【4】経歴の説明が何でもできる男のように聞こえる

 

【1】姿勢が悪い、【2】相手の目を見すぎるといったことは、自分では気づかないので言われてから修正すればいい。【4】経歴の説明が、何でもできる男のように聞こえるは、失敗経験やそこから学んだことを伝えるエピソードを絡めていくといい。

 

問題なのは【3】転職理由はしっかり言えるのに、志望動機が弱いだ。30代の転職希望者に限らず、20代,40代など年齢に関係なく転職活動者が陥りやすい問題だ。

 

転職理由は考えやすいが…

「転職理由」は、本音をうまく活用すればいいので、伝え方に注意すればいいし転職エージェントもアドバイスしやすい。ただ、「志望理由」はそうはいかない

 

「その会社じゃなきゃダメなんだ!」とまでは嘘臭い。「スキルアップ」したいと言えば、面接官は「勘違いしてるな」と呆れられる可能性は高い。企業が欲しいのは"即戦力"だ。30代の転職志望者に「勉強してレベルアップします」などと言って欲しくないのは、相手の立場に立てばわかるだろう。

 

志望動機のポイント

志望動機は「その業界で何がしたいか?」という大枠での話から、その会社の「どういった方針に惹かれたか?」と、しだいに焦点を小さく絞りながら伝えるのが王道かつ最も伝わりやすい。

 

「何がしたいか?」の部分は実は簡単だ。求人票には「求める経験」が既に書いてあるからだ。受けるのは、その業界で求められている特定の職種なのだから、仕事を掘り下げて答えればいい。転職で成功したいならば、求人票はしっかりと読み込み自分とのマッチングを調べよう。

 

30代ともなれば社会経験も多いので「前職のどういった経験がどのように活かせるか?」ということを伝えるようにしよう。

 

 

転職支援サービス会社には、企業の人事と直接関わる人もいる。もちろん転職エージェントもだ。応募する前に、企業に募集人材の詳細を確認してもらうと、さらに志望動機が固めやすくなる。


「その会社である必要性」については意見が分かれるが、

 

・企業理念
・どういった製品(サービス)を扱っているか?
・会社がPRする制度

 

などを把握しておこう。「受ける会社のことはきちんと調べる」ということだ。

 

企業調査は、初めての就職活動の時はできていたはずだが、社会人経験を積んで30代を超えると、なぜか怠ってしまう。ただ、企業研究は定番であり転職成功に必須だ。面接の際に、「企業に対する質問を10個は準備するように」と言う転職エージェントもいたくらいである。

 

 

30代以降の転職者が失敗する原因は「慢心」「固執」「プライド」など。30代で転職成功するには、これらはリスクでしかない。さっさと捨てて、初めての就職活動に励んでいた、あの"謙虚な気持ち"を思い出そう。


採用面接の実施。その結果は成功?失敗?

面接の人数はどの企業もだいたい3,4人だった。「人事、その部署の代表2人程度、総務」が定番な組み合わせだ。30代の転職面接であっても質問は定番なことばかりだった。その内容は以下の通り。

  • 前職での業務内容
  • どのような考え方で困難を乗り切ったか
  • 大学時代の知識で活かせたこと
  • 折衝の経験はどの程度か、どのような折衝を行ったか
  • 技術的な知識について
  • 今の技術を、この新しい分野にどう活かせるか?
  • 英語の使用レベル
  • 勤務地にこだわりがあるか

 

結果は「不合格」であった。転職エージェントが、企業の人事担当に聞いた不採用理由は「能力面は高いが、職種とのマッチングが低い」とのことで、即戦力が欲しかったそのメーカーの希望に添えなかった。

 

転職エージェントを利用して企業面接を受けると、不採用の理由を聞き出すことができる。今後に活かすには重要なデータ。この点は絶対に活用しないと無駄な時間を過ごすことになる。


転職エージェントには面接の成功・失敗データが盛りだくさん

転職エージェントは、中途採用面接を受けた求職者に「面接で聞かれた質問」をアンケートしてくる。実際に俺も聞かれた。つまり、転職希望者たちが、「面接で質問されてきたデータを蓄積している」わけだ。それも、"何百何千社"の転職面接の質疑応答を"何年分も"だ。

 

しかも、面接を通過した成功者たちの回答内容も把握しているのだから、当然、模擬面接ではその情報を活用した質問をしてくれるし、回答についても「もっとこうした方がいい」といった具体的なアドバイスをもらえる。

 

これだけでも、転職エージェントを使うことのメリットがわかる。利用しないのは転職の成功率を下げるようなものだ。

 

採用面接で困った質問は「今持っている技術を、新しい分野にどう活かせるか?」というものだ。「新しい技術」の部分は、単純にいうと「未経験の部分」だ。こういった「答えにくい質問=考えさせられる質問」というのは必ず1,2問はくる。しかし、答えられなくてもあまり気に病まないようにしよう。終わったことは次に活かせばいい。

 

また、30代の転職ならば「マネジメント(管理職)能力」もある程度確認される。俺の場合は「チームリーダー経験」を推した。

 

 

面接は第一印象が大事。服装は整えて応対は丁寧にし、笑顔が重要だ。30代での転職なのだから、社会人として培ってくるべき最低限のマナーでもあるし、悪い印象を覆すのは難しい。


活動の停滞と転職サイトのさらなる利用

面接結果を待っている間、約2週間ほどまともな求人(非公開込み)が無かった。この間、後々もらうことになる「不合格通知」まで、ひたすら"待ち"のだった。

 

転職活動の停滞

 

「このまま悠長なことはやってられない。」30代での転職は日が経つほどに不利になりやすい。そこで取った行動は「他の転職サイトサービスに登録する」という手だった。

 

転職サイトを含めて調べたが、転職エージェントサービス会社は一つではない。有名な大手求人サイトである「マイナビ」や「DODA」などの転職サイトもエージェント活動をしている。そこで、いっきに4社のサービスに新規登録した。

 

全社から登録確認メールは届いたが、実際にサポートを受けられることになったのは「2社」だった。結局、最初の登録サイトに加えて「計3人」の転職アドバイザーのサポートを受けた。

 

エージェントAも含めた転職エージェントサービスについては、詳細な情報を「転職年表」のページで紹介している。

転職活動履歴3

 

結果的にサポートを受けられなかったサービスも含めて、登録したものは記載している。(【注】個人特定を避けるために順不同)俺のキャリアにマッチする求人がなかったのが理由だったので、他の業種・業界の人ならば活用可能かもしれない。

 

 

転職エージェントには「総合型」「特化型」がある。「総合型」は求人数も多く幅広い業界を抑えている。「特化型」は特定の業界・職種に強い。どちらも30代での転職に関わらず、数社登録しておこう。前述のように「サービスが受けられない」ケースがあるからだ。


転職先の会社で中途同期になったメンバーのうち3,4人は「特化型」のエージェントを利用したとのこと。俺と同じ業種だったので「エンジニア系」などの専門知識を有する人向けの特化型エージェントだった。

 

転職エージェントに、別の会社の利用を伝えるか?

サポートを受けているエージェントに対して「他のエージェントも活用している」ことを言おうか迷っている人もいる。ただ、俺の場合はそのことを伝えた。サービス側の競争を煽るという気持ちあったが、エージェント側から質問されたので普通に「Yes」と答えた。

 

恩義がどうとか気にする必要はない。相手も30代での転職の大変さはわかっているので、あらゆる可能性を探るのは当然とわかってくれる。

 

【超重要】転職活動で最も「盲点」になりやすく失敗を生むもの

ここからは受験する会社が一気に増えた。やはり転職サービスは複数活用しないと、求人に途切れが出て活動が停滞する。このことを最初から知っていれば、もう少しスムーズに求人案件を探すことができた。

 

1ヶ月の間に、書類選考を通過した4社の面談を受けたが、結局、その中で3社は最終面接まで進むこととなった。しかし、ここで伝えておくべき大切なことは「二次面接で落ちた一社」の経験だ。

 

この一社は日本有数の大手企業で、待遇もかなり良かった。求人内容も前職とのマッチングが高く、専門知識を評価されて選考が加速した。しかし、一つ問題があった。それは「ライバルの存在」だ。

 

就職活動と違って、転職活動の場合は採用枠が少ない。つまり、ライバルの存在はかなり大きな障壁になりうるということだ。

 

転職アドバイザーと一緒に転職活動をしていたとしても、なぜか活動の規模感が大きく感じられない。企業は全国の人材に対して求人を出しているのに「これは自分だけの求人だ」とさえ錯覚してしまう。転職活動を行っている時に、他の志望者たちと一緒になったのは5社中たったの1社である。そういったこともあり、ライバルという目に見えない存在を意識していなかった

 

結果は前述の通り、俺はそのライバルに負けた。新しく登録した転職サイトのエージェントIからの紹介求人だったが、企業から言われた不採用理由は以下の通りだ。

 

『二次面接,○○試験,SPIを総合的に判断して、もう片方の受験者がふさわしいと判断した』

 

そもそも高嶺の花の企業だったかもしれないが「ライバルに負けた」感がたまらなく悔しかった。30代で転職を考えている、行動している人には常に考えて欲しい。「確実にライバルは存在しており、自分より選考が進んでいるかもしれない」ということを。

 

だから「転職活動のスピード」が非常に重要になってくる。30代での転職という「時間が重要な活動」において、「自分で求人を調べて、応募して…」なんてことをやっている暇はない。その間に人気のある求人は自分が気付く前にドンドン消えていく

 

ついに最終面接!3社の行く末は?

30代にして始まった転職活動も佳境に入った。この時点で、真剣に転職活動を開始してから2ヶ月が経っていた。空白期間も含めると離職して8ヶ月だった。

 

最終選考に残ったのは以下の通り。

エージェントA: T社、K社
エージェントI: F社

結果として、この2社のうちエージェントAのサポートで進んでいた「T社」に合格し、他の2社は辞退した。

 

「F社」は残業がかなり多い印象を受け、こちらから最終面接を辞退した。「K社」は企業側の人事の都合がつかず、2週間ほど当初予定より遅延していた。その段階で「T社」に内定をもらっていたのだが、内定受諾の期限が1週間と短かったこともあり、「K社」の最終面接を辞退した。

 

「辞退」に関して、自分から選考を受けている企業に伝えるのは大変気がひける。ただ、この「辞退(内定辞退も含む)」の連絡もエージェントたちは文句一つ言わずにやってくれた。感謝。

 

結局、最初から世話になっていたエージェントAの紹介案件の企業に転職することとなった。エージェントIにとっては、他のサポート会社に顧客を取られたわけではあるが、以下のような祝福のメールを送ってくれた。

 

転職エージェンとお祝い

 

正直なところ、正社員の内定が降りた時はホッとした。しかも、専門性が評価され、空白期間はリセットしてくれた。これでやっと不安な生活から解放されると思うと、安堵感は半端なかった。当然だが、この喜びはすぐに両親に伝えている。

 

内定獲得!エージェントの心遣いに震えた

転職が決まった後、入社手続きを行っている中で、エージェントAからあるメールがとどいた。一部抜粋したものが以下のものである。

 

転職エーシ?ェントからの言葉

 

この本は当然ながら即買いした。

 

転職後最初の1年にやるべきこと

 

転職した後のこともしっかりと考えくれていた、エージェントAの心遣いが素直に嬉しかった。

 

30代での転職活動はほぼ成功

結果として、俺の人生初の30代での転職活動は、漠然と考えていた「未経験職種」への転職ではなく「自分の培った経験」を活かす形での転職となった。

 

その結果得られた転職先での対偶は、前職と比較すると以下の通りだ。

 

○ 給与(年収): 転職先で60万円アップ
○ 休日出勤: ゼロではないが、前職の1/3ほどに激減した
○ 残業時間: 前職の半分以下に減少
△ 福利厚生: あまり変わらなかった
× 勤務地: 希望していた地元よりは遠ざかった

 

これだけ見るとわかるように、転職としては成功であったと思う。社内の雰囲気も良く、上司も紳士的な接し方をする人が多い(2017年現在は、流石にそれ以外の人も増えてきた)。「先物会社」という未経験職種へ転職していたら、年収は250万円まで激減していたのだから、一歩間違うと恐ろしい。

 

30代での転職で未経験が無理なわけではない

ことわっておくが、未経験での転職が必ずしも不可能というわけでは無い。前述の通り、俺の場合は「証券外務員」の資格を独自に持ち、それに関わる投資会社に応募した。つまり「未知識・未準備」ではない。未経験職種への転職トライでも、事前にしっかりと「関連性」を作っておく必要があるということだ。

 

結局のところ、転職に必要なのは「マッチング=企業との関連性」。それは、自分から作ることが可能であり、どうしても未経験職種に受かりたいならば「最低限必要な要素」は自分から習得するようにしよう。

 

 

30代に関わらず、転職においては「すべての条件が揃うことはない」。数十件の求人を見てきたが、完全に合致するものはなかった。「自分が妥協できる点」というのは最初の段階で明確化しておくのが良い。


30代での転職が失敗続きから成功した理由

30代にして転職成功できたのは「転職エージェントのサポート」による部分は大きい。相手も仕事とはいえ、活動以外の面でも色々と気にかけてくれたのは嬉しかった。離職してすぐの精神状態のまま、ハローワークや転職サイト情報のみで活動していたら今の俺はないだろう。心から感謝。

 

転職活動全体を通して、転職エージェントを利用してサポートしてもらったのは以下のようなことだ。

  • 転職に際しての深い本音を掘り起こす自己スクリーニング援助
  • 求人サイトにない「非公開求人」の紹介
  • 志望企業への応募代行
  • 採用面接の予定を調整
  • 面接対策の「模擬面接」の実施
  • 面接結果のフィードバック(不採用理由等)
  • 年収などの就労条件交渉
  • 面接の辞退連絡
  • 内定から入社までのフォロー

利用者のほとんどが、求人サイトや求人媒体では得られないような、同様のサービスを受けられるだろう。何よりも、転職エージェントと一緒に仕事を探すことで「一人ではない、協力者がいるという安心感」は貴重だ。

 

転職活動は身近に相談する人がいないことも多く、孤独になりがちである。しかし、「転職のプロ」が身近でサポートしてくれ、相談に乗ってくれるのは本当に気持ちが楽だ。

 

30代という重要な年齢で、リスクを抑えて成功率の高い転職をするのならば、迷わずに「転職エージェント」を利用することをオススメする。

 

転職において男性・女性の有利不利はあるのか?

転職エージェントに「男女で転職の有利不利はあるのか?」という点について確認してみたが、結論としては「差はない」とのことであった。

 

女性の転職場合は、やはり採用する企業側としても「結婚→退社」を最も気にするとのこと。雇う側としては、時間や費用をかけて採用したのに、すぐ辞められてしまうのはやはり辛い。

 

ただ、男女雇用機会均等法もあり、こういった点に関しての質問を面談で行うのはタブーに近い。だから聞かれことはないわけだが、あらかじめ回答は用意しておくようにしよう。人事側の査定は、採用者の活躍度合いにも左右される。なので、面接官を安心させることも重要だ。

このページの先頭へ