経営コンサルタントの経験を活かして33歳で転職を決意

今回の転職体験談の主人公は33歳の男性。前職は、経営コンサルタント企業。コンサルティング業務に長年従事しており、そのスキルを活かして経験・収入を増やすために転職した企業でした。
33歳での転職先は、経営コンサルタントの経験を活かすことが可能な、美容室チェーン店の本部でした。

【前職】経営コンサルタント企業
【転職後】美容室チェーン店 本部





33歳での転職理由は経営不振と人間関係の悪さ

33歳で転職を決意することになった最大の理由は、企業が経営不審であったからです。業績自体は良いのですが、給料アップといった待遇向上もなく、社内の人間関係にも疲れが生じました。
また、休日返上や泊まり込みになるほど、業務が増えていたため、肉体的にもこのまま働き続けるのは不可能だという考えに至りました。

経営コンサルに従事していた時の業務内容

某企業の経営コンサルティングに従事。主に新規事業の開発、既存事業のコスト削減、物流網の再構築などの業務を行なっていました。

転職後の美容室チェーン店本部の業務内容

美容室チェーン店本部にて組織改革、新規事業、広告宣伝策の見直し、人材教育と採用などを中心に会社の業績を改善する。首都圏で100店舗以上のネットワークをつくる。

33歳の転職では給与や経験を活かせることを優先した

給料が前職と同程度かそれ以上
前職よりもあまりに給料が下がると生活に支障があるため
仕事内容が前職の経験を活かせること
経営コンサルで培った経験を活かせる仕事に従事したかった
ポジション(役割)
自分ができる仕事と、会社が期待する仕事に合致するような役割でありたかった

最終的には給料面は妥協しました。転職活動を進める中で給料ダウンは想定していましたが、あまり下がり過ぎるならばお断りを考えていました。

転職支援サービスは「リクルートエグゼクティブ」を利用

転職は一度経験しているのですが、今回の転職でも転職エージェントの利用を検討し、「リクルートエグゼクティブ」を利用しました。

また、前職の業務上、それなりに人脈が拡大していたので、業界の人間や元々のクライアント先などからも求人情報を得ていました。最終的には「リクルートエグゼクティブ」の求人に転職しています。

転職活動は約6ヶ月と長期的な活動となった

転職活動は在職中に行い、内定までに掛かった期間は6ヶ月です。年収の条件について折り合わないことが多く、面接期間が長くなったことも影響しています。

複数の会社に内定をいただきましたが、今の会社を選んだ理由は、会社が期待する内容に合わせて自分のポジションと成果を上げるスケジュールと、社内スタッフとのコミュニケーションがマッチしそうだったからです。

【応募会社数】10社
【書類通過数】5社
【一次面接通過数】3社
【内定社数】2社



転職先企業への妥協ポイントが見出せず転職活動期間が長期化

給料や業務内容などの雇用条件については一次面接から話をするようにしていたのですが、なかなか条件が合わずに、何度も採用面談を行ったことがあります。
とくに、一次面接から二次面接までの時間がかかり過ぎました。既存の業務プロジェクトも進捗するため、採用面接のタイミング調整に苦戦し、そのために辞退することもありました。

【ポイント】転職では譲れない点と妥協点のバランスも考慮する

30代での転職では、「これが最後の転職!」と思うあまり、今までよりも好待遇の企業であったり、自分の理想に近い企業を選びたくなる気持ちになりがちです。

ただ、自分が求める雇用条件や業務内容を全て満たす企業はかなり少ないのが実情。また、満足度が高そうな企業は人気企業であることも多く、同じ転職ライバルが増える傾向にあります。

転職では理想を追うことも重要です。ただ、実際に転職活動を始めると現実と直面することになります。

  • 自分の希望を満たす求人が少ない
  • 応募しても採用試験で落ちる
  • ライバルに先に内定を勝ち取られる