配偶者がいる場合の転職活動の注意点

転職において大きなハードルとなることもある「家族」の存在。まだ独身ならば、両親の反対などの可能性はありますが自立しているのでしっかりと説明することで解決はできるでしょう。

最もハードルが高いのは、結婚して子供もいる状況下での転職の場合。とくに一家の大黒柱である男性の場合は、転職後のことも念入りに考える必要があります。

ここでは、結婚して妻子がいる男性の場合に、転職活動を円滑に進めるためにどうすればいいのか説明していきます。

転職が本当に必要なのか掘り下げる

独身ではなく養うべき家族がいる場合の転職活動はかなりのエネルギーを必要とします。以下にも述べますが、「自分だけの満足」では家族が幸せにはなれないからです。そのため、転職において様々な制約があります。

  • 単純に今の仕事が自分に合わない
  • 残業が多くてしんどい
などといった理由では、家族も納得はしないでしょう。

家族との関係性にもよりますが、休日出勤が多いため家族と接する時間が短いなどの問題もあれば、会社自体の今後が不安といった理由もあるでしょう。

とにかく、「なぜ自分は転職を決断する必要があるのか?」ということを、自分でしっかりと掘り下げるようにしましょう。

家族の理解なくして本当の意味で転職は成功しない

転職活動をするとき、家族は自分の決断をする上での足枷のように感じ、相談をすることを躊躇する人は少なからずいます。

ただ、家族に何の相談も無しに転職活動をすることは、信頼関係を壊す可能性が非常に高くなります。(言うまでもないですが)

もしも、勤務地も給与も職場環境も改善されるような「素晴らしい転職」だったとしても「相談がなかった」ことはシコリを生みます

わたしの知人にも、そういった行動で奥さんと険悪になった人もいます。最低でも以下のようなことは「必ず家族に相談」することを徹底しましょう。

なんで転職したいのかを伝える

何はともあれ、最初に話すべきは「なぜ転職したいか?」です。おそらく家族の理解を得られることが、退職交渉などよりはるかに大変と個人的には思います。ここは本音で話すことで家族に理解を得ましょう。

家族としての生活水準を満たす給与レベルを決める

転職をする以上は給与水準が今より下がる可能性も少なからずあります。生活をする上ではお金は重要です。食事や住居などはもちろんですが、学校や部活、塾など様々な出費をまず把握しましょう。

現在の生活水準はもちろんですが、数年先に必要な費用も考えておくべきです。転職直後は給与が下がっても、数年で今の会社を上回ることもありますので、転職活動の際にはしっかりと給与水準を確認することも忘れずに!

勤務地や転勤の有無など家族の転居に関わることを話す

勤務地はやはり重要です。とくに子供がいる場合は、幼稚園や学校などの場所がそのまま決まってしまう場合もあります。

また、転勤が多いような企業の場合は単身赴任の是非なども考慮しましょう。子供が転校続きになる可能性について議論が必要です。

転職活動は在職中に行う!

30代の転職市場が以前に比べて活況でハードルが下がってきているといっても、当然「転職できないリスク」はもちろん「給与などの待遇が下がるリスク」もあります。

家族として満足のいく転職をするためには、やはり心の余裕が必要です。

嫌な仕事で余裕がないかもしれませんが、最も余裕がなくなるのは「生活費が減っていく」という状況です。独身でも同じではありますが、養うべき家族がいる場合のプレッシャーはその比ではありません。

こういった問題に直面しないためにも、必ず在職中に転職活動をするようにしてください。今の仕事状況が辛いのはわかります。ただ、最悪なのは転職できない、もしくは生活を維持できないようなレベルの転職をすることです。

ここは我慢をして在職中に転職活動をすることを徹底してください。

転職活動には必ず「転職エージェント」を利用する

このサイトでは転職エージェントについて説明していますが、家族がいる場合は必ずエージェントを活用してください。様々な支援を受けられますが、とくに「非公開求人の紹介」「就労条件交渉」が妻帯者には重要な情報です。

あなたが求める「勤務地」「待遇」に適った求人を紹介してもらい、選考の際には「その企業が本当に自分の要望を満たすのか?」を確実に確認する必要があるのです。

また、最悪のケースとして入社後に求人票や面接で伝えられた待遇と異なる扱いを受けた場合に、担当していた転職エージェント会社に相談することができます。

待遇が違ったまま泣き寝入りでは家族の生活にも影響します。自ら「転職前の保険」を確保するために転職エージェントを利用しましょう。

まとめ

今回は既婚男性の場合の転職における注意点を説明してきましたが、既婚女性にも家族以外の面での様々な課題が出てきます。

あなたたちには身近に相談できる人(相談すべき人)がいます。転職への思いが強くなってきたら、決断をする前にまず相談をするようにしましょう。