34歳で未経験の介護職に転職した女性の体験談

今回の転職体験談の主人公は34歳の女性。四年制大学を卒業後、売業や販売に興味があって自分の生活の中でよく知っている会社だったので、興味や愛着もあって就職。

転職先はそれまで全く経験したことのない「介護」系の職種でした。

【前職】小売業 販売職
【転職後】介護職

34歳での転職理由は体調不良のため

大学卒業後に就職した販売職自体は、楽しくてやりがいも感じていましたが、正社員が少ない中での長時間勤務が常態化していて、冷暖房もかなりしっかり効いている環境だったので真夏にクーラー病になってしまい体調を崩しました。

前職の会社にいる限り、体調や気持ちの面での回復が望めなかったので転職を決意しました。

前職の百貨店での業務内容

百貨店での販売職。品出し、陳列作業。接客や問い合わせにこたえる。在庫チェック、棚卸し。パート社員のシフト管理。

転職後の介護業界での業務内容

転職後は介護業界の介護職です。訪問介護事業所から派遣されての訪問介護がメインで、利用者の自宅に訪問してトイレや食事、着替えなどの介助や家事援助をしています。

34歳での転職活動はハローワークがメイン

転職は退職後に行ったのですが、失業給付金の手続きと一緒にハローワークで求職活動を行いました。その他も含めて以下のサービスを利用しました。

自分でネット上で求人情報を検索して、電話で求人状況を確認して応募をしていました。

応募前にもっと業界などの事前情報を幅広く調査した方がいい

転職活動では、最初にウェブで情報集めをしてから面接にいったが、実際に訪ねてみないとわからない情報も多かったので、情報集めと面接は平行してやっても良かったと思います。

ネット情報だけで転職先も含めて全てを決めてしまったので、もっと専門家というか経験者や業界に詳しい人に話を聞くべきでした。

34歳の転職は職場環境の改善が最優先だった

前職での長時間勤務がとくに負担になっていたため、勤務体系の改善が最も重要でした。

勤務時間
前職が勤務時間が長すぎて身体を壊したため
業務内容
前職が個々人の仕事の境目が曖昧だったのが、長時間勤務の原因だったので
人手不足でないこと
人手不足は働いている人の心も体も荒むから

34歳の転職で妥協したのは給与と職種

転職に際して、給与が下がることに関しては妥協しました。また、同じ職種を探していましたが求人がなく未経験の職種を選ぶことになりました。

転職活動は退職後に始めて内定に半年間

転職は退職後に行いました。前職の仕事は好きなのに、体調を崩して辞めざるを得なかったことは辛かったです。条件に合う転職先なかんか見つからず、あまり長期化したくなかったので内定を得られた介護職を選びました。

介護シフトや休みの希望を、全く困る様子なく受け入れてくれたことも介護職を選んだ理由です。

【応募会社数】6社
【書類通過数】1社
【一次面接通過数】1社
【内定社数】1社

介護士になるために介護福祉士実務者研修を受講

介護職も資格が必要な専門職なので、入社するに前に、まず資格試験に合格しなければなりませんでした。介護は全くの未経験でしたが、「介護福祉士実務者研修」を受講して勉強と実技の練習を繰り返しました。

面接では自分の希望もしっかりと伝えた

転職を早く決めたい状況ではありましたが、前職と同じような職場環境では体が保たないため、面接では働き方の要望もしっかりと伝えました。

働ける時間はどれくらいですか?
希望する時間を率直に答えました。
やりたい仕事は何ですか?
高齢者、障害者の支援全般の介護に関わる仕事をやりたいです。
したくない仕事があるか?
業務内容としてはないが、過度の残業や休日の勤務はまた身体を壊すので難しいです。

介護職は肉体労働もあるが満足な職場環境

転職先は介護職ですが、身体に無理なく働き続けられています。専門職なので仕事の範囲や内容がはっきりしていて、キャリアを積めば上位資格も目指せるなど、将来展望もある仕事です。

ただ、前職ほどの給与はないです。仕事としての興味や面白味は前職よりは少ないですが、「介護福祉士」「ケアマネージャー」などの上位資格を取得して業務の幅を拡げたいです。

転職に成功できたのは面接で対話をしっかりしたから

34歳で未経験職に転職できたのは、介護職ということもあるでしょうが、面接で勤務時間などはもちろん「自分のできることできないこと」を率直に話して対話を行い、それが今の会社のニーズと合っていたからだと思います。