32歳で銀行窓口業務から医療事務職へ未経験転職

就職したのは「金融機関系」で窓口業務を行なっていました。32歳での転職後は医療関係の事務職に勤めています。

地味にコツコツと取り組むタイプです。数字をガンガンとるタイプではないのでノルマを課されるのはキツかったです。仕事には数字を求めるものではなく、結婚出産しても働ける環境であることを望んでいました。

転職サイト「doda」に登録して転職エージェントサポートを依頼

転職エージェントサービスで利用したのは「doda」のみです。女性の転職サポートにも定評があるとのことで選びました。そのdodaで32歳で転職先が決まりました。
都内にdodaのオフィスがありましたので、最初の面談は時間を調整して対面形式で行なっています。

32歳での転職活動をする際に譲れなかった3つのポイント

  • 職場環境:女性でも長く働ける環境
  • 通勤:都内で乗り継ぎが良くて通勤しやすい
  • 職種:営業職でないこと(ノルマなどが嫌だった)

転職活動の期間はどれくらいでしたか?また、退職交渉はどれくらいかかりましたか?

転職活動期間は2ヶ月間です。応募社数はそれなりに多かったのですが、動き出してからは早く決まった印象です。退職にかかった期間は、最初に進言してから1ヶ月で、とくに揉めたりはしませんでした。

在職中の転職活動だったので支援は助かった

転職活動は在職中に行いました。仕事をしながら今までの自分の経験を転職エージェントさんと一緒に棚卸しして、履歴書や職務経歴書を作ることが非常に大変でした。

「doda」さんには応募書類のフォーマットなどがあったので、かなり労力を減らすことができました。

退職を決意した理由はなんですか?また、その理由を会社にどう伝えましたか?

転職を決意した理由は、窓口業務にも数字が求められるようになり辛くなったからです。もともと数値で管理されるような業務は嫌でしたので耐えられませんでした。

会社に伝えた退職理由は、事務職としてのスキルを上げていきたいという自分のキャリアプランと現在の状況が異なっていることを伝えました。




転職活動の際に受けた企業数は30社

32歳という中堅レベルでの未経験業種への転職ということもあり、担当の転職エージェントさんの勧めもあって応募は多めに行いました。

【応募会社数】30
【書類通過数】6
【一次面接通過数】3
【内定社数】2

採用試験で受けた筆記試験があれば教えてください

筆記試験は以下の4つです。事前に試験内容を確認しており、対策も急ピッチで行いました。

  • SPI
  • 簡単な計算問題
  • 漢字試験
  • 一般常識

dodaの転職エージェントの担当者が頼りになった

32歳ではありましたが転職活動が初めてだったため、どのように進めていけば良いのか相談できた点は大きかったです。メールで逐一最新の案件を送ってくれたので、ピックアップして応募できて会社選択が楽に進められました。

応募の際にも、自分の志望度を聞いてエージェントが企業にアピールしてくれて、相手先に熱意を伝えることができました。

書類選考がなかなか通らなかった時も、「落ちるのは当たり前なので気にせずにどんどん応募して行きましょう。こちらもサポートを頑張ります!」と言ってもらえたことは印象的でした。

エージェントの対応の中で、イラっとしたことはありますか?

とくにありませんでした。むしろこちらの時間調整が難しいときにも辛抱強く調整いただきながらサポートをしてもらったので感謝しかありません。




面接で質問されたことと、それに対する回答内容を教えてください。

面接の質問内容は当たり障りのないものでした。女性特有の質問というものはとくに聞かれませんでした。

志望動機を教えてください
各々志望企業に対しての志望動機を伝えました。
前職での業務経験を教えてください
コツコツとやるタイプである事や、CSR向上に関わっていた事を伝えました。
長所と短所を教えてください
長所:物事をコツコツと進めることができる
短所:慎重な性格である

転職して給料は下がったが負担は減った。成功の理由は「面接対策」の徹底!

年収は約20万円ほど下がりました。異業種への転職でしたので、あらかじめ給料が下がってしまうことは仕方ないと考えていました。

【良かった点】

自分に合った働き方が出来ていることです。医療系ですので、こちらから営業をかけるようなこともなく純粋に事務としての仕事を実施できています。

【悪かった点】

約30万円ほど年収が下がったことです。

あなたの転職活動がうまくいった理由はなんだと思いますか?

面接対策を特にしっかりやったことだと思います。ウェブでの面接対策ビデオを見て「どんな事を聞かれそうか?」を自分の言葉でどう答えるかを研究し続けました。

また、転職後にどう働きたいかというビジョンを明確にして、それを選考書類の志望動機欄に書いたり、面接時に自分の言葉でアピールできたことはよかったと思います。