32歳で物流系の派遣職からカーショップの正社員へ転職

今回の転職体験談の主人公は32歳の女性。前職は、家からも通える急ぎで選んだ派遣先である物流業で配送業を行なっていました。

物流業での正社員採用は狙わずに、転職によってカーショップで正社員として雇用されました。

【前職】物流業 配送
【転職後】カー用品店 店員

32歳での派遣職からの転職理由は安定のため

最初に就職した物流業は派遣職ということもあり、時間給でボーナスなしでした。派遣先で正社員を目指していたのですが、給料が安定していないこともあり先に派遣先を辞めてから転職活動を始めました。

前職の物流業での業務内容

医療品、介護用品の物流で、県内市内の病院、施設に医療品や介護用品、医療機器等の設置修理、内勤では、各お客様への出荷物の手配

転職後のカーショップでの業務内容

車用品の販売、車検や整備の受付。お客様の車の部品の相談、説明等も行う。あとは、商品出しと店内の整理整頓。

32歳での正社員求人検索は主に「indeed」で実施

30代で初めての転職だったのですが、求人情報は「indeed」を中心として、幅広く自分で検索できるサービスを利用しました。

何日もかけて「Indeed」で調べて、更新されてないかも日々確認し続けました。

30代で転職するならギリギリまで働いて活動したほうがいい

30歳を過ぎてから転職するなら、ギリギリまで仕事しながら転職活動をした方がいいです。退職してからの転職だと、採用が遅かったりしたらあたふたしないといけなくなります。
金銭的にも精神的にも余裕を持っていた方がいいです。

30歳の正社員への転職は安定を重視

派遣職からの転職だったのですが、やはり派遣職に感じる不安定さを何とかしたいという気持ちが大きかったです。

正社員
派遣職は不安定と感じ、雇用面や給与面で安定したかったから
給料の金額、賞与があるかないか
老後の不安解消はもちろん貯金をするため
大きい会社なのか
将来的に倒産の危険がないか不安なので

正社員雇用の目標は果たしましたが、サービス業なので土日祝日の休みがなく、その代わり平日が休みになる点は妥協をしました。

32歳で退職後に転職活動を行い応募から2週間で内定

転職活動は派遣職を辞めてから行いました。つまり再就職活動です。金銭面の不安もあって早く再就職したかったので、1社の内定が決まった時点で入社を決めました。

【応募会社数】6社
【書類通過数】2社
【一次面接通過数】2社
【内定社数】1社

32歳の再就職活動で最も辛かったのは「合否待ち」

退職後の転職活動だったので、最も精神的にキツかったのは合否の連絡待ちです。いつまでに連絡しますと言われて待つ間がどうしても嫌ですし辛かったです。

合格ならいいのですが、「今回は見送りさせてもらいます」と言われるのが辛いです。

面接では会社に関係する質問が多く就労意欲も問われた

転職先(再就職)はカーショップだったのですが、お店やカー用品店関係の質問を多く受けました。

車関係で店名の意味は何か?
店名の由来を事前に調べていたので、その内容を回答しました。
3月、11月は忙しくなるけどなぜ?
冬タイヤの交換時期に当たるため
車の事は詳しくなさそうですが、やる気はありますか?
はい、生涯の最後の職場として勤めていきたいです。

30代で派遣職から正社員になれた安堵感が大きい

転職してよかったことは、やはり正社員になれるという安心感です。また、賞与がきちんとあり、今後続けていけると思いました。月収も約10万円ほど上がりました。

未経験の職種で仕事を覚えることには苦労しました。忙しい時期なのかもしれませんが、教えて頂く人によってやり方が違い、その通りにすると他の人は違うといい怒られます。

経験のない業界・業種だったが「やる気」をアピールした

車の事は全く詳しくなかったのですが、「本当にやる気があるなら」と店長が本部に推すとおっしゃってくださり、そのときの返事もブレなく「やります!」と答えれたことが転職成功の理由だと思います。